梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

福島駅東口(2):昭和臭全開の飲食店街「新町ビル街」。

f:id:anachro-fukurou:20210711145138j:plain

夕暮れの新町ビル街。 2021.06.17 福島駅東口

 


6月17日(木)。現地調査の移動時間では村田町の重伝建を歩き,仕事後は福島への車の返却回送の道中,奥州街道斎川宿,越河宿,貝田宿,藤田宿,桑折宿を巡り,最後は伊達市の天王通りの商店街を訪れた。福島では,中央通り・北裡商店街を歩いた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

中央通りを駅から東に進み,スナックビルが建ち並ぶ一角を抜けると,飲食店の姿はあまり見えなくなるのだが,次の十字路で南側を見ると,昭和臭全開の道が待ち受ける。これこそが今回の福島駅東口の探索の「メインディッシュ」である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145128j:plain

道幅はやや細い。両脇のビルが,奥行方向への印象を強める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145133j:plain

そう,ここは,新町ビル街。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145308j:plain

道の両脇に3階建のビルが建つ。どちらも平面的にかなり長い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145144j:plain

圧縮効果を使った構図があまりにも最高すぎる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145313j:plain

 鳥政。酒は榮川。ふらっと入りたいな…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145324j:plain

建物の竣工は,おそらく半世紀は確実に遡るだろう。破れた装テンと,提灯が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145319j:plain

小料理 小冨士。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145329j:plain

10年前はもう少し看板が多かったようなのだが,現存するのはこの2つのみ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145335j:plain

上階の内部も気になる…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145150j:plain

昭和レトロ感の強い街灯は,看板同様,ビルの躯体に据え付けられている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145155j:plain

夕空と「うわさ」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145341j:plain

上階へと登る階段。塗り直されたのか,あまり鄙びた感じはしない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145159j:plain

階段室から更に南へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145205j:plain

屋根に大量のアンテナを載せ,令和時代を生きる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145346j:plain

南側には現役の店舗が多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145210j:plain

アイボリーの箱は給湯器だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145216j:plain

街の明かり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145222j:plain

道の西側は一部が駐車場になっているのだが,その南側にはまた同様の意匠のビルが建っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145354j:plain

道幅に対して背が高く,APS-Cの12mmでも全景を捉えるのに一苦労である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145359j:plain

夕月の下。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145227j:plain

いよいよ黄昏が迫る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145231j:plain

日没の刻,イエローはマゼンタへと遷移し,建物の色調もそれに応じて変化する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145238j:plain

ファサードの凹凸が与える陰翳。現代ののっぺりとした建物からは感じられない,自然な美しさである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145243j:plain

これを撮りたかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145248j:plain

雑然とした要素が整然と並ぶ,これこそが私の理想。黄昏の空気感も叙情的な演出となり,堪らない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145405j:plain

角はペントハウスが載り4階建。2階にもテントが見えるので,もしかすると店舗なのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145411j:plain

惜別の一枚。数十メートルの道で満足できるのだから,自分は幸せ者なのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145252j:plain

文化通りから,新町ビルの住居部へと入る廊下が見えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145415j:plain

背面側を見る。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145420j:plain

アジアだ…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145258j:plain

配管と設備が剥き出し。これも雑然とした要素が整然と並ぶ好例である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145425j:plain

ずっと見ていられるし,ずっと撮っていられるくらいだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145430j:plain

錆びた扉は,哀愁のアンティーク。

 

f:id:anachro-fukurou:20210711145435j:plain

周辺とは明らかに雰囲気の異なる新町ビル街。福島を訪れる機会,さらに飲む機会に恵まれた方は,是非訪れてみるとよいだろう。


さて,時系列が前後するのだが,次の記事では福島駅東口のもう1つのメインディッシュ,高徳第5ビルのすぐ傍にある狸小路のアーケード居酒屋街を紹介する。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

福島駅東口(1):北裡商店街&中央通りの歓楽街。

f:id:anachro-fukurou:20210710192739j:plain

中央通り,北裡商店街。 2021.06.17 福島駅東口

 


6月17日(木)。前日は福島県大越町,船引町,三春町,郡山・中町と堂前町を散策。出張調査の当日朝は郡山の市街地を歩き,調査の移動時間では村田町の重伝建を歩いた。仕事後は,福島への車の返却回送の道中,奥州街道斎川宿,越河宿,貝田宿,藤田宿,桑折宿を巡り,最後は伊達市の天王通りの商店街を訪れた。

郡山市その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

福島駅から東に伸びる「中央通り」は,国道4号線までおよそ1kmの道である。中央通りの東側は北裡(きたうら)商店街,駅の近くは歓楽街となっている。まずは北裡商店街から歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192545j:plain

4号線から切り込む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192834j:plain

剥がれ落ちた装テンの下から,花屋の看板が見えていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192614j:plain

北裡商店街のアーチ。

そもそもこの「アーチ」は,「アーチ看板」「ゲートサイン」など様々な呼称が併用されているもよう。このブログでも呼称が揺らいでいる気がするが,最もシンプルにアーチと記すのがしっくり来る。しかし建築用語的には全くもってアーチではないのがどうしても気になる…。この趣味をやっていて常日頃から感じているのだが,ものを指し示す適切な単語が見当たらないケースが多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192824j:plain

横道には,割烹万松。その奥はラブホテルが一軒。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192745j:plain

商店街を西に進む。6月の太陽は,北に逸れて沈んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192550j:plain

鬱蒼。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192557j:plain

なかなか大振りな廣田商店の建物。赤のインパクトの強いファサードを,夕陽が染める。

細長い自販機は,通常のプロポーションのものと比べて,どうしてこうも「絵になる」のだろう。それ自体が懐かしいからというだけでなく,幾何学的な美しさを感じる。こうして建築と組み合わさると,まるで柱の一部のようですらある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192802j:plain

そんな自販機の横から,細い路地が奥へと伸びる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192807j:plain

路地があったら入りたい。いや,入る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192602j:plain

焼鳥屋の看板には明かりが灯っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192812j:plain

道幅の狭さに対し,建物の密集感・圧迫感はそれほど感じなかったが,雰囲気のある一角だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192608j:plain

北裡商店街に戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192619j:plain

下見板の鄙びた商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192829j:plain

大和田商店の錆びた看板。褪せた文字は「米穀・各種燃料器具販売」「木炭・灯油・豆炭・煉炭」だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192818j:plain

東を振り返る。ひとまず北裡商店街はこのあたりまでのようだ。

 

車に戻り,レンタカーを返却。福島駅側から再び中央通りにアプローチする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192624j:plain

外階段。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192839j:plain

独特な世界観のレリーフ

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192629j:plain

さっそく,店舗が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192844j:plain

酒店,飲食店,パブが入った雑居ビル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192849j:plain

中央通りは一方通行。駅へと向かう方向にしか車は通れない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192641j:plain

十字路を北に入る。無料案内所と,毒々しいまで鮮やかなフィリピンパブ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192634j:plain

桜小路の文字がニクい。高徳第5ビルの中廊下がぽっかりと口を開けている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192646j:plain

お邪魔する。門司で見つけたスナックビルに少し似ているが,こちらの方がだいぶ明るくて新しい(筆者の感覚が狂っているので,この程度のものは「新しい」に分類される)。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192651j:plain

コーナー。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192656j:plain

現役感が強かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192701j:plain

電線の烏が,歓楽街を見下ろしていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192854j:plain

中央通りの南側には,飲食店が建ち並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192859j:plain

大河内ビルのレリーフ。これまた強烈な世界観だ…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192912j:plain

福島には「天国に一番近い店」がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192907j:plain

南へ伸びる路地。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192706j:plain

国道13号線「信夫通り」を渡る。右側は「うきよぶろ」。業種はご想像の通り。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192917j:plain

通常の飲食店,スナック,無料案内所,風俗店が一堂に会する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192922j:plain

パセオ470」という道を越えると,スナックビルが見えてくる。ちなみにパセオ470は長さが470mというのが命名理由らしい。身長205cmのノブコフ205と同じ原理かw

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192927j:plain

道の南側にも,配色が昭和すぎるスナックビルがある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192716j:plain

その名は清水ビル。

夕雲は淡く優しい橙色に染まる。いよいよ日没が迫ってきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192933j:plain

水戸でも同じようなビルをたくさん見たが,これだけの一覧表のような看板を見て,客はどうやって行先を決めるのだろう…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192711j:plain

すぐそばには薬局の看板建築は,心なしか肩身が狭そうだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192939j:plain

改めて考えると,さすがは県庁所在地,この街の規模はなかなかすごい。店舗数は想像していたよりも遥かに多かった。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192722j:plain

オニギリ専科「むすび」。看板のデザインもおにぎり風になっている,のだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192727j:plain

さらにスナックビル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210710192733j:plain

履物屋,模型店青果店が姿を現す。このあたりはまだ北裡商店街からは遠いのだが,同じ道で緩やかに繋がっている,ということなのだろう。

さて,記事が長くなったのでここまで。ここまで2つの「メインディッシュ」を抜きにして紹介してきた。次の記事ではそのメインディッシュの1つ目,新町ビル街を紹介する。

 

その2(昭和臭全開の飲食店街「新町ビル街」)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

福島県伊達市:天王通り商店街を歩く。

f:id:anachro-fukurou:20210707223736j:plain

天王通り商店街。 2021.06.17 福島県伊達市

 


6月17日(木)。前日は福島県大越町,船引町,三春町,郡山・中町と堂前町を散策。出張調査の当日朝は郡山の市街地を歩き,調査の移動時間では村田町の重伝建を歩いた。仕事後は,福島への車の返却回送の道中,奥州街道の宿場町を巡る。斎川宿から順に,越河宿,貝田宿,藤田宿,桑折宿と巡って来た。

▼斎川・越河・貝田編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

臨時休館の伊達郡役所に再訪を約束し,桑折宿を発つ。次の宿場町は瀬上宿なのだが,その手前に伊達の市街地があるので,こちらに立ち寄る。国道4号線には出ず,旧道・県道353号線をひたすら進む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223716j:plain

信号待ちにて(車線から飛び出して停止している訳ではない)。ちょうどここが天王通り商店街の北端であり,ずらりと並ぶ街灯が壮観である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223758j:plain

公民館跡の公共駐車場に車を停めさせてもらい,散策を開始する。銅板葺きの八雲神社と,トタン葺きの住宅。写真左側にはかつて酒屋が建っていたのだが,残念ながら更地になっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223803j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210707223840j:plain

明治牛乳,明治チーズ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223721j:plain

天王通り。交通量はそこそこ多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223808j:plain

持ち送れ。


f:id:anachro-fukurou:20210707223726j:plain

日が傾いてきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223814j:plain

古い街を歩くと,理容店の多さに驚かされる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223820j:plain

精肉店

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223825j:plain

洋菓子店のような雰囲気だが,肉屋である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223731j:plain

青空が清々しい。執筆しているのは7月上旬だが,東京はこのところずっとどんよりとした日和が続いている。写真を見返すだけでも心が幾分晴れやかになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223742j:plain

後ろ姿。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223748j:plain

何でもない日常も,いつか懐旧の眼差しで見返す日が来る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223835j:plain

ひっそりと,大衆食堂。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223830j:plain

さて,簡単ではあったが天王通り商店街の散策はこれまで。

瀬上宿にも立ち寄りたかったのだが,町内の大きな近代和風建築「瀬上嶋貫本家」をじっくりと見たいので,今回はパス。保原,旧亀岡家住宅などと併せて,またの機会に訪れるとしよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707223753j:plain

おまけ。福島に帰る道中,信号待ちで懐かしいものを見つけたので撮影。

最近はすっかり見なくなったが,中古自動車店といえば,半円形に作られた色とりどりのモールが鮮やかだった。特に黄色や緑の印象が強く残っている。この華やかさは,もしかすると車というものへの憧れを形作る一つの要因だったかもしれない。幼少の記憶を思い起こさせてくれた。やはり車は良いな。

 

福島駅東口その1(北裡商店街・中央通りの歓楽街)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

伊達郡桑折町:看板建築・本間理容と,旧桑折宿の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20210707222655j:plain

本間理容の看板建築。 2021.06.17 桑折宿跡

 


6月17日(木)。前日は福島県内を散策。大越町,船引町,三春町,郡山・中町と堂前町を散策。出張調査の当日朝は郡山の市街地を歩き,調査の間の移動時間では村田町の重伝建を歩いた。仕事後は,福島への車の返却回送の道中,奥州街道の宿場町を巡る。斎川宿から順に,越河宿,貝田宿,藤田宿と巡って来た。

▼斎川・越河・貝田編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

藤田の街並みを後にし,続いて向かったのは桑折(こおり)の町である。

桑折町と言えば,建築好きの人間がなら伊達郡役所を真っ先に思い浮かべるだろう。少なくとも筆者はその一人である。本年2月の地震による被害が発生し,現在は臨時休館というのが悔やまれる。仕方が無いので,街並みをさくさくと見て回ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222646j:plain

日立のロゴはいつ見ても素晴らしい。藤田宿に続き,ここも渡辺姓である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222651j:plain

佐藤金治商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222752j:plain

旧道だが,交通量が非常に多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222701j:plain

桑折散策のメインディッシュ,本間理容の看板建築である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222706j:plain

午後の陽射をファサードに受け,デザインの立体感が強調される。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222801j:plain

すぐ横の路地を,おばあさんがゆっくりと歩いて行った。まだ6月中旬だが,陽光の強さが夏の旅情を掻き立てる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222757j:plain

重厚な看板部。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222710j:plain

角度を変えながら,しつこく撮影してしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222716j:plain

現役の店舗であるという点がなお素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222807j:plain

年季の入った時計は,今日も正しく時を刻んでいた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222812j:plain

さて,南へと折り返す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222817j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210707222721j:plain

御菓子司 なおえ,靴・バッグ 志田商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222725j:plain

1階の大きな庇が印象的な建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222825j:plain

福島交通の車両は,どこもかなり新しくなっているようだ。方向幕の車両は,昨日の昼に郡山駅で1台見掛けたのみだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222831j:plain

不思議な路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222836j:plain

商店街らしさ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222736j:plain

垂直方向が強調されたデザインの看板建築。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222731j:plain

立体的な曲面を描く装テン。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222851j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210707222740j:plain

小平・団地北口通りの記事でもこんな構図の写真をアップしたのだが,テントの中に入るのが筆者の最近の密かなブームである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222745j:plain

暖色に染まる街並みは,いつも美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222840j:plain

嘗ての大幹線の宿場町。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222845j:plain

突き当たりの伊達郡役所が少しずつ大きく見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222855j:plain

資生堂チェインストア せんだいや。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707222901j:plain

これにて桑折の散策は終了。

伊達郡役所があるので,遠くない将来,この街を再訪する機会があるように思う。せめてそれまでの間だけでも,街並みが少しでも引き継がれてゆくこと,願わくは少しでも商店街が勢いを取り戻すことを祈るばかりであるが,状況はそう甘くもないのだろう…。今はまさに時代の狭間である。2つ前の年号の時代の光景を追い求めること自体が,少しずつ難しくなっている。やはり先延ばしにせず,少しでも気になった場所があれば,すぐに足を運ばなければいけない。 

 

伊達市伊達町,天王通り商店街に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

伊達郡国見町藤田:奥州街道旧藤田宿の街並み。

f:id:anachro-fukurou:20210706203526j:plain

藤田商店街。 2021.06.17 藤田宿跡

 


6月17日(木)。前日は福島県内を散策。大越町,船引町,三春町,郡山・中町と堂前町を散策。出張調査の当日朝は郡山の市街地を歩き,調査の間の移動時間では村田町の重伝建を歩いた。仕事後は,福島への車の返却回送の道中,奥州街道の宿場町を巡る。まずは斎川宿,越河宿,貝田宿を巡って来た。

anachro-fukurou.hatenablog.com

貝田宿を抜けると視界が開け,程なくして藤田の街並みが見えてくる。4号線から旧道に入り,さっそく嘗ての宿場町の様子を見て回る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203446j:plain

渡辺商店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203450j:plain

由井時計店。福島県内の看板建築はみな大きくて背が高い印象だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203455j:plain

派手な塗色が目を引く,岩城肉店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203500j:plain

こちらの商店も渡辺姓。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203504j:plain

旧道は大きく左にカーブ。街の中心部がが見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203510j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210706203515j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210706203521j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210706203835j:plain

看板建築がごろごろと並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203531j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210706203535j:plain

それでもストリートビューと見比べると,この数年でいくつもの建物が解体されて更地になっているようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203540j:plain

理容室が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203545j:plain

表通りから少し入ると,登録有形文化財・奥山家住宅の洋館が建つ。1921年竣工ということで,今年でちょうど100歳になる。おめでとう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203550j:plain

奥山合名会社の表札が掛かる。通常時は内部は非公開ということで,八角形の塔屋のつく外観を楽しむ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203839j:plain

タイル貼りの壁面は比較的シンプルだが,持ち送りは極めて派手である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203555j:plain

腰回りは石貼りとなっている。この階高で,造りは平屋のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203850j:plain

青空と洋館。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203845j:plain

末永くあらんことを。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203857j:plain

さて,あまり時間もないので,奥山家住宅あたりで西に戻る。復路は少し回り道をしてみる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203559j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210706203604j:plain

ずらりと開口部の並ぶ,構造的に極めて不安定な建物。釣具店なのだが,まるで料亭のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203609j:plain

背の高い肉屋の看板建築があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707214930j:plain

 かつらや肉店。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203902j:plain

光沢のある細長い黒のタイルが,面を取った太い柱状の袖壁に貼られていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210706203908j:plain

昼下がりの街。

 

f:id:anachro-fukurou:20210707214935j:plain

石とトタンと木の外壁。下校中の小学生が数人居たので,撮影はささっと済ませた。

 

これにて藤田の散策は終了。車に戻り,さらに南下しよう。

伊達郡桑折町,看板建築・本間理容と,旧宿場町の街並みに続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ