梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

廃墟・産業遺産

鶴見線・国道駅(2):曲線の美しい駅舎を撮り尽くす。

2017年3月某日。川崎・亀甲マーケット,西口マーケットを探訪した後は,鶴見駅から13年ぶりに鶴見線に乗り,国道駅へ。昭和5年竣工の,唯一無二の駅舎を撮影。いかにも鉄道らしい曲率のカーブに沿う,アーチの美しいガード下建築を撮り尽くす。

鶴見線・国道駅(1):昭和5年竣工の有名な駅舎へ。

2017年3月某日。川崎・亀甲マーケット,西口マーケットを探訪した後は,鶴見駅から13年ぶりの鶴見線に乗り,国道駅へ。昭和5年竣工の,唯一無二の駅舎を撮影してゆく。

大きな階段のある廃校へ。

某年某県某所。特徴的な大きな階段がある廃校を紹介。とても静かだ。密閉性が極めて高く,現役さながらの佇まい。それでも木造校舎の持つ特有の美しさは,被写体として最高であった。

市原・素掘り隧道(3):月崎トンネル,二連隧道の美。

2017年6月。市原市,飯給~月崎に静かに佇む隧道群を巡った。依然として雨脚の強い中,広義の酷道である林道・月崎1号線を,軽自動車の両側面に藪の雨露をこすり付けながら進むと,二連隧道,月崎トンネルが姿を現した。光と影,その先にまた隧道。写真の…

市原・素掘り隧道(2):永昌寺トンネル,美しき観音彫り断面。

2017年6月。市原市,飯給~月崎の林道に静かに佇む隧道群を巡った。柿木台第二トンネルからさらに南下すると,月崎駅にだいぶ近付いたところで永昌寺トンネルのポータルが姿を現した。観音彫り断面の迫力と,幾何学的な美しさ。閉塞感とも圧迫感とも異なる…

市原・素掘り隧道(1):柿木台第一・第二トンネル。

2017年6月。市原市,飯給~月崎の林道に静かに佇む隧道群を巡った。林道を暫く行くと,柿木台第一トンネルへ。将棋の駒の形をした断面は,「観音掘り」という。細く長く狭い,独特の空間は,不思議な静寂に包まれていた。続く柿木台第二トンネルは狭く短い…

ドラ〇もん・ドラ〇ちゃんの居る木造校舎へ。

某年某県某所。ドラ〇もん・ドラ〇ちゃんが見守る廃校へ。残存状態は極めて良好で,木造校舎は現役さながらである。代々,大切に使われてきたということが,残り香のような空気からひしひしと伝わってきた。

緑の廃校(4):閑寂の廊下を撮り尽くす。

某年某県某所。「緑の廃校」には,想像をはるかに上回る美しい空間が残存している。廃校の魅力はやはり廊下。何処とも違って,何処も絵になる。最後に1階の廊下を撮り尽くす。一期一会に感謝である。

緑の廃校(3):2階の廊下は,外界と繋がっていた。

某年某県某所。「緑の廃校」には,想像をはるかに上回る美しい空間が残存している。2階に上がると,小屋組ごと天井が崩落してしまっていた。閉校後のこの校舎の時間軸を異様なまでに進めてしまったのは,屋根葺材の劣化だった。

緑の廃校(2):職員室と,音楽室と,保健室と。

某年某県某所。「緑の廃校」には,想像をはるかに上回る美しい空間が残存している。職員室,音楽室,保健室,いずれも天井が崩落して,すさまじい景色が展開されていた。

緑の廃校(1):仄暗い廊下と,朽ちゆく理科室。

某年某県某所。「緑の廃校」には,想像をはるかに上回る美しい空間が残存していた。思わず詠嘆の声を漏らしつつ,廊下,教室,理科室を見てゆく。

下北半島,或る廃墟のような木造倉庫。

2018年8月5日。廃校を訪れるも残念ながら更地に。その近くの道路脇に,土木系の事業用車両のガレージとして用いられている巨大な木造建築が存在したため,これを見て回る。

Rマンション(3):闇に飲まれゆく軍艦。

某年某日,某県のRマンションにて。建設途中の状態で20年以上放置された悲運の廃墟である。いよいよ惜別の時が来る。屋上で剥き出しの鉄骨と鉄筋を見てから,1階へ。整然としたモノクロの絵は魅力的だった。軍艦は今日も,来ぬハレの日を夢に見つつ,闇に…

Rマンション(2):忘れ去られた部屋へ。

某年某日,某県のRマンション。1993年に工事が頓挫し,建設途中の状態で放置された悲運の廃マンションである。無機質で寒々しい未成の居室を巡ると,椅子やペンダントライト,テレビに机など,特段フォトジェニックでもない物が,不思議と強烈な存在感を醸…

Rマンション(1):海を見下ろす廃マンション。

某年某日,某県のRマンションへ。建設途中で工事が頓挫し,20年以上放置された悲しき塊。剥き出しのコンクリートと,墓標のような鉄の十字架が特徴的である。その威容から「軍艦マンション」とも称される物件を見て回る。

日立セメント太平田鉱山(6):さらば国内最後の鉱石専用索道。

2019年3月。助川市民の森と,荷下ろし場にて,日立セメント太平田鉱山の索道,最後の勇姿の見納めである。自分にとって廃墟や産業遺産とはどのような意味を持つ存在/被写体なのか,改めて考えさせらる一日となった。

日立セメント太平田鉱山(5):太平洋を背にゆく石灰石。

2019年3月。日立セメント太平田鉱山の索道へ。助川市民の森の見晴らし台からは,春の太平洋を背に点景のバケットがのんびり泳いでゆく様子が見えた。その後,花粉に苦しめられながらも索道の中継地点に戻り,年季の入った設備を撮る。

日立セメント太平田鉱山(4):助川山市民の森から索道を見る。

2019年3月。操業停止間近の日立セメント太平田鉱山の索道へ。助川市民の森の駐車場に車を停め,歩くこと15分。谷底から上って来る搬器がずらりと並ぶ,壮観のアングルに到着した。昼休憩に入り索道が一時停止すると,突如として静寂が訪れた。

日立セメント太平田鉱山(3):廃止直前の索道を追って。

2019年3月。日立セメント太平田鉱山の索道,最後の勇姿を撮る。バケットは積込場を出発し,急坂を登る。近くの獣道からアングルを探すと,遠方の貯鉱場のベルトコンベアー,積込場を背景に見つつ,操業中のバケットを眼前に捉えることが出来た。

日立セメント太平田鉱山(2):在りし日の石灰石積込場。

2019年3月。月末で操業を終える日立セメント太平田鉱山の索道を撮る。石灰石がバケットに轟音を立てて放り込まれる,積込場の最後の勇姿。いつまでも見続けていられるような,不思議な中毒性のある被写体だった。

日立セメント太平田鉱山(1):貯鉱場に輝く石灰石。

2019年3月。今月末で操業を終える日立セメント太平田鉱山の索道を見る日帰り旅行へ。水戸駅でレンタカーを調達し,まずは索道の川上にあたる太平田鉱山の貯鉱場へ。ザ・産業の美しい絵の中で,「採れたて」の石灰石が白く輝いていた。

H鉱山(2):廃墟的色彩と,日没前の青灰色。

某日,某県の某鉱山跡。藪を漕ぎ到着。現在アクセス可能でフォトジェニックな唯一の遺構で,日没まで撮影。非日常的な被写体の面白さを改めて感じた。

H鉱山(1):藪に眠るコンクリートの巨体。

某日,某県の某鉱山跡。岩盤にへばりつくように建ちながら,藪の中で静かに朽ちてゆく,コンクリートの巨体を撮る。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ