梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

甘木散策(2):平行に並ぶ2本の木造アーケード。

2本目。 2022.08.01 甘木

 


8月1日(月)。長崎出張の前日,有休を使って散策を実行する。荷物を置いたまま早朝に久留米のホテルを発ち,朝倉市甘木にやって来た。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

甘木のアーケード,念願の探訪である。

 

1本目の光が美しくて,暫く恍惚としていた。

 

何処とも雰囲気の異なる,唯一無二のアーケード。

 

屋根を透かした夏空の美しさ。

 

嘗て内壁だった壁たち。

 

さてその奥に…あれ…!もう1本あった!

 

先入観で,勝手に1本と思い込んでいたので,これは驚いた。確かに先人の写真の事を思い返すと,そういえば確かに1本では辻褄が合わない気がする。そして先程,本町から見たアーケードの北側の入口は,当然ながら1本目ではなく2本目のほうに繋がっている訳だ。

「メインディッシュ」に関しては極力下調べをしないようにしているので,こんなことも起こり得る。実に嬉しい誤算だった。

 

期せずして始まった「延長戦」を楽しむ。こちらの道には看板が無く,不思議な空間だ。

 

それゆえに,構造の美が引き立つ。

 

窓も抜けている。

 

夏の朝ならではの,北側からの光。

 

控え目の意匠。

 

建物が抜けた箇所は鉄骨柱でアーケードを受けている。

 

南側から北を見る。

 

陽が翳ると,白のイメージが強まる。

 

空は広い。

 

やはり反復は美しい。

 

緑の差し色。

 

はりぼての裏。椿井市場を思い出したり。

 

整然。

 

これだけ幅が広いのに,均整がとれている。非常に秀逸なデザインなのではないだろうか。

 

通学路。

 

妻壁。

 

名残惜しい…。

 

最後には8月の太陽が,空間を再び鮮やかに染め上げてくれた。

 

そうか,ここに繋がる訳か…納得した。

これにて念願のアーケード撮影を終え,駅に戻る。

 

列車の時間はまだ少し先なので,ふらふらと歩く。

 

スナックが点在。

 

混ら無い。

 

まばらな街灯。

 

大通りへ。

 

西鉄甘木駅。

 

改札を通り,空いた上り列車で西鉄久留米へと戻った。

 

久留米散策その1に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ