梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

新井薬師前(3):黄昏の光が昭和を照らす。

f:id:anachro-fukurou:20210222091003j:plain

街角に建つ。 2021.02.13 新井薬師前

 


2021年2月13日(土)。先週の雑司が谷散策に続き,今回も散歩がてら,近場の街並みを撮ってみている。

▼その1はこちらから。 

 

新井薬師前駅から更に北上すると,「北口商店街」の曲がり角に,突如として強烈な雰囲気の建物が現れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090743j:plain

「科」のみが残る,この建物だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090748j:plain

「松井歯科医院」である。嘗ては2階が歯科,1階は「キク薬局」だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090953j:plain

この2階の窓の水平性は,看板建築らしくない。モダニズム的とも言えよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090958j:plain

玄関の青い瓦,赤いランプの印象が強い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090754j:plain

今は賑やかな街角でひっそりと,終焉の時を待っているようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091008j:plain

古い商店街の風格のようなものを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091013j:plain

キク薬局の北面に回り込む。こちらも「キ」「局」が落ちてしまっている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091018j:plain

緑の競演。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091023j:plain

入母屋屋根の2面に「看板」を立てているようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091028j:plain

その向かいにも,昭和を色濃く残す建物がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091034j:plain

シャッターが絶妙だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091041j:plain

歯科医院と並ぶ家の裏手には,立派な木が道路にせり出している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091046j:plain

枝先のみが夕陽を受け,柔らかい橙色に染まっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091051j:plain

黄昏。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091057j:plain

アイビーが玄関を無造作に覆う。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091104j:plain

物言わぬ,時代の生き証人。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090759j:plain

その足下では,新たな命が花開いていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090804j:plain

さて,南下。ぎふ屋はひっきりなしに客が訪れていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091109j:plain

踏切から見る新井薬師協同ビル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091114j:plain

もう一度,この一角を見に来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091119j:plain

先程は駐車車両が居たために,このアングルが撮れなかったのだ。ちょうど空が美しい時間帯,西北西に向いて撮影する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091124j:plain

五中つつじ通りと線路際の通りの間の,鋭角の三角形。ちょうど頂点付近が喫煙スペースのようになっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090809j:plain

さて,駅前からさらに南下。住宅街を抜ける。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090815j:plain

4連の長屋,それぞれファサードの独自性を打ち出していて面白い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091131j:plain

この類のフィルム?シール?は,幼少期によく見かけた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091136j:plain

下調べで場所を把握していた,未舗装の路地。危うく失念したまま帰るところだったが,ぎりぎりで気付いて訪れた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091141j:plain

2階はまるで京都の路地のような競り出し方。余所者を強烈に拒む空間だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090820j:plain

生活感を感じ,そそくさと退散。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090825j:plain

新井薬師前,なかなか奥深い街だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090830j:plain

さて,そろそろ暗くなってきたので,帰ろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091151j:plain

マゼンタの空。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091156j:plain

2階のタイルで個性を表現していた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090840j:plain

日常。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222091146j:plain

「武藤テーラー」「注文紳士服」。遠い過去の物になろうとしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210222090835j:plain

日没。

これにて計2時間強の散策を終え,帰途に就いた。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ