梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

足利散策(9):夕刻の栄町を歩く。

逢魔時。 2022.10.19 足利

 


10月19日(水),足利出張前は藪塚と太田を散策。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

出張仕事は想像よりも少し長引いたため,足利市駅で解散となった時には既に日没が間近に迫っていた。

足利は,2月の散策で広範囲を歩いていたため,今回はその時に漏れた小さな一角を歩くことに決めた。

 

中橋は渡らずに,河川敷を西へ。

 

今まで中橋しか渡っていなかったので,渡良瀬橋を渡るのは初めてだった。

 

太陽は既に,雲と山の向こう。

 

一瞬,垣間見えた。

さらに西進。河岸の北側の街を小俯瞰。

 

下りてみる。

 

秋の装い。

 

この時間だが,街灯が少ないからか,仄暗い印象だった。

 

織姫橋をくぐり,さらに西へ。線路際にある,緑に覆われた建物。

 

谷醫院が見えた。

 

封鎖された踏切があった。

 

栄町と緑町の境にある,小さな踏切を渡り,線路の北側へ。

 

ここから右手に曲がることにした。

 

何となく空気が重い気がしたが,何故だろうか。

 

線路の南側からは一段下がっている。

 

描に見守られ,或いは見張られながら,先へ進む。

 

日没は過ぎた頃だろう。

 

人の気配があまり感じられないが,息をひそめているような感じもする。

 

時代が遡る。

 

電柱も街灯も少ない。道路が舗装される前から,同じような眺めだったのかもしれない。

 

小さな一角だが,感覚器を刺戟される道だった。

 

その周辺をうろうろと歩く。

 

蔵。

 

振り返るともう,黄昏時だった。

 

その10に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ