梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

名古屋・中央菓子卸市場(1):芸術的なファサードと周辺の鄙びた街並み。

f:id:anachro-fukurou:20210903011028j:plain

日曜日。 2016.07.31 中央菓子卸市場

 


2016年7月31日(日)。愛知を巡る研究室旅行の初日だが,個人的にそそられる行先が無かったので,宿にチェックインするまでの間は別行動をとり,新幹線で名古屋へと向かった。協調性の無さと面の皮の厚さは筋金入りであるw 

まっしぐらに目指したのは,名古屋駅から徒歩20分ほど,旧・明道町(現・西区幅下)の菓子問屋街に残る中央菓子卸市場である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010837j:plain

名古屋に来て,これを見ない訳にはいかない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010852j:plain

この芸術的な意匠は,もはや美しさを超越し,威圧的なほどである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010842j:plain

隅田神社の鳥居が隣接。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010847j:plain

海老茶色の錆びたトタンと鳥居の組合せは,丸亀の一寸島神社を彷彿とさせる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011041j:plain

薄い看板部分と,重厚な躯体。その側面に軽く接する鳥居。隅角部は建物の傷みが激しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010856j:plain

狛犬ならぬ狛鶏。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010901j:plain

旧知の隣人。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010906j:plain

細い参道。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010911j:plain

参道を抜けると,かなり傷んだ建物の背面が見える。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010939j:plain

その正面がこちらである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010916j:plain

究極のパッチワーク。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010921j:plain

まさに時乃家。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010935j:plain

その後,記事を編集している2021年までの間に各地を巡って来たが,このファサードの芸術点の高さは「全国大会」に出場できるレベルである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010925j:plain

しかしながら,この建物も1~2年前に解体され,跡地には高層ビルが建設されているようだ。惜しいものを失くしたが,探訪の時点で解体もやむなし,といった印象ではあった。やはりこの趣味は一期一会,二度目は無いと思って臨むべきである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010930j:plain

側面に回る。当時は辛うじて営業している気配があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011057j:plain

建築家には真似できない芸術。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011101j:plain

こちらが,中央菓子卸市場の裏側のファサードである。撓んだ装テンが今にも落ちてしまいそうである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011106j:plain

1軒でも十分な絵力なのだが,並びで見られるのが凄い。そしてその間は神社の参道だというのだから猶更。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011110j:plain

看板部分の薄さが見て取れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010943j:plain

道の対面にも似た意匠の建物がある。こちらもまた別の卸市場だろうか。3階の窓があることに驚かされる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010948j:plain

階段状のパッチワーク。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010952j:plain

周辺には,名古屋らしい情景。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903010957j:plain

高速道路の通る超一等地とは思えない風情。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011001j:plain

一帯は問屋街。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011006j:plain

菓子問屋。閉業したと思しき鄙びた建物が多いが,現役の店も点在している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011011j:plain

街は静かだ。日曜日の昼間ということもあるのだろうが,人の往来も少ない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011015j:plain

揚げ出し豆腐と木の扉。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011019j:plain

褐色の街角。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011024j:plain

もう一度,中央菓子卸市場へ。参道とは反対側の側面は,のっぺらぼう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011033j:plain

凹凸のあるファサードは,鳩の格好の集会場。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011037j:plain

色,材質,形,文字,そのすべてが美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011045j:plain

3階まで窓があり,建物はかなり大きいので,歩道からでは広角レンズでも全貌を捉えきれないほどである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011049j:plain

もう一度,隣の建物の背面を堪能。

 

f:id:anachro-fukurou:20210903011053j:plain

隣の駐車場に少しお邪魔して,中央菓子卸市場の側面を見る。背が高い上に,明かり取り用と思しきの窓が乗っているのが見えた。

 

雷鳴が聞こえてきたので,これにて撤収。日曜日ゆえに中を見ることが出来ず,未練が残ってしまった。

この大きな未練をすぐに消化すべく,1ヶ月を開けず,晴れた平日にこの建物と街並みを再訪する事にした。

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ