梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

名古屋・中央菓子卸市場(2):木造アーケード内に残る戦後の空間。

f:id:anachro-fukurou:20210904120452j:plain

背の高い木造アーケード。 2016.08.23 中央菓子卸市場

 


2016年8月23日(火)。福岡での建築学会大会へ向かう道中で途中下車(当たり前のように書いているが,筆者は飛行機が嫌いなので,大分以北はすべて陸路を使う)。名古屋駅から徒歩20分ほど,旧・明道町(現・西区幅下)の菓子問屋街に残る中央菓子卸市場を再訪する。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

4週間前に撮影したばかりなのだが,曇天だったこと,そして日曜日ゆえに中が見られなかったことで,大きな未練が残っていた。早速それを消化すべく,記憶の浅いうちに再び訪れることにした。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120439j:plain

この日は快晴。そして平日だ。開いている!

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120443j:plain

錆びたトタンに,夏の陽光が眩しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120448j:plain

wikipedia曰く,1951年頃に建てられたという。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120457j:plain

中へ飛び込んだ途端,時空が歪む。木造アーケードの架構の美しさに息をのむ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120501j:plain

そして,段ボール箱から出された菓子がずらりと並んでいる。ここには業務用サイズの飴がたくさん。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120506j:plain

幅は狭く,背が高い。剥き出しの蛍光灯,モルタルが落ちて木摺が剥き出しになったところもある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120511j:plain

戦後の空気感。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120515j:plain

時間旅行にうっとりとする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120520j:plain

少し右に傾いているように見えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120524j:plain

外はあれだけ晴れているのに,中は薄暗く,涼しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120529j:plain

2階の窓の上にも小窓がある。まさか3階建なのだろうか。すごいな…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120534j:plain

更新されていない,純然たる昭和の世界。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120539j:plain

足元にはお馴染みのものから,あまり流通していないものまで,色々な種類の菓子が陳列されている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120544j:plain

「慰安会」「嫁入」「婚礼用」などの文字列が,リアリティではなくリアルを教えてくれる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120548j:plain

道幅が狭いと感じていたのだが,この段ボールを全てどかしたら,実は結構広いのかもしれない。一般的な木造アーケード市場よりも一回り大きそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120552j:plain

屋根のポリカ波板を透過した光が,空間をブルーグリーンに染める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120557j:plain

蒸し暑い8月の昼。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120602j:plain

平日の真昼間の,静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120606j:plain

トラスは右側の上弦材がダブル,左側がシングルで,束の上でボルト留めされている。木造アーケードの架構の造り方は多種多様で面白い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120610j:plain

妻壁。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120615j:plain

繰り返される日常。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120619j:plain

棟木が通りの芯から少しずれているのは何故なのだろう。向かって左側のほうが背が高いようだが,もしかすると建設時期が異なっていたりするのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120624j:plain

やみつきになる美しさ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120629j:plain

全容。

 

f:id:anachro-fukurou:20210904120633j:plain

ステンドグラス。

 

次の記事では,周辺の街並みと市場内のディテールを紹介する。

その3へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ