梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

江川海岸(1):水没電柱,或る6月の夕景。

f:id:anachro-fukurou:20210226132846j:plain

東京湾夕景。2017.06.17 江川海岸 

 


2017年6月。水没電柱でお馴染みの江川海岸を見に行った。

この日の夜,また翌日の行程の為に,まずは五井でレンタカーを調達。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132824j:plain

五井の夜景スポットをあらかじめ確認。昼も絵になるアングルである。解剖したらさぞ楽しかろう…と,イメージを固める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132828j:plain

木更津方面へ再出発しようとしたところ,ちょうど踏切が鳴ったので,慌ててレンズを付け替えて撮影。京葉臨海鉄道の可愛らしい機関車がやって来た。

 

さて,下道でどのくらいドライブしただろうか。ようやく到着した江川海岸,「大混雑」であった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132833j:plain

到着時は未だ色付きも浅く,満潮はまだ暫く先。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132837j:plain

5kmほど離れた君津共同火力発電所を背に,整然と海中に立ち並ぶ電柱群。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132842j:plain

密漁を見張る小屋への電線が,海中に立つ電柱により支持されている。小屋はその機能を終えて久しいとか。

海岸は観光客で大賑わい。夏至直前の太陽が,東京湾に沈んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132851j:plain

蒸し暑い初夏の夕べ,太平洋の匂い。べたつく空気。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132856j:plain

時折,フレアスタックが見える。太陽はやがて力を失い,雲に溶けてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132901j:plain

ブルーモーメントの到来。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132905j:plain

夜の帳が下りてゆく。観光客は一組また一組と撤収してゆき,徐々に静寂が訪れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132909j:plain

気付かぬうちに,煙は空よりも明るくなる。静かな波音とともに,夜景が幕を開ける。

 

その2(夜景編)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ