梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

江川海岸(2):水没電柱と工場,夜の海景画。

f:id:anachro-fukurou:20210226132947j:plain

夜の海景画。2017.06.17 江川海岸 

 

2017年6月。水没電柱でお馴染みの江川海岸を見に行った。

まずは日没前,人混みに紛れて夕景を楽しむ。

さて,ブルーモーメントもいよいよ終焉を迎え,夜景が始まる。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132913j:plain

橙の灯火が,海と空を染めはじめる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132917j:plain

電柱群の左手からもフレアスタックが立ち昇る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132922j:plain

そしていよいよ空は青みを失い,夜景が始まる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132926j:plain

鷺か,鵜か。電柱の上で一羽,眠っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132930j:plain

対岸は,新日鐵住金君津製鐵所(当時)。今は社名変更により,日本製鉄君津製鉄所である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132935j:plain

垂直。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132939j:plain

宵闇に鈍く輝く,工場の灯り。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132943j:plain

満潮まではまだ少し時間があったので,暫し離脱。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132952j:plain

小一時間経って,戻って来ると,先程まであった小さな陸も海面に飲み込まれようとしていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226132956j:plain

光芒は艶やかに,黒い鏡に反映する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133000j:plain

異世界感,極まれり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133005j:plain

人知れず生きるもの,人知れず死ぬもの。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133009j:plain

静かな波音のみを聴きながら。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133014j:plain

どうにかスローシャッターでその存在を認知できる程度の,漆黒の世界にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133019j:plain

息吹。

この後,陸側の照明が消え,辺り一面は完全な闇に包まれてしまった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210226133024j:plain

フレアスタックを合図に,さらば。願わくば,満潮の黄昏時の再訪を。

そして結局,江川海岸で満潮を待ったために随分と夜が更けてしまい,この日の五井の工場夜景撮影は断念。こちらも,東京からアクセスしやすいので,いつかリベンジしたいところである。

 

 

▼関連記事はこちらから。 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ