梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

五能線キハ40,最後の秋(21):岩館・小入川橋梁,秋晴れのサイドビュー。

f:id:anachro-fukurou:20210404223838j:plain

映画のように。 20.10.31 五能線 あきた白神~岩館

 


2020年10月31日(土),秋の五能線を追い求める撮影行の2日目。早朝から陸奥柳田~越水の「山線」区間で数々の列車を撮影し,一気に大移動して小入川橋梁へ。さらに追い掛けて,ガンガラ穴横で2531Dを仕留めた。 

 

ピクニックを終え,再出発。日向に置いていた車は随分と暖まっていた。再び南下して,目指したのはまたもや小入川橋梁である。今度は海を手前に入れたアングルを試みる。陸奥岩崎陸奥沢辺の漁港の防波堤と同じ感じだろうと思っていたのだが,いざ現地に着いてみると,釣り人が何十人も居るではないか。そして防波堤にはフェンスがあるのだが,その向こうにも20人くらい釣り人が居る。ここから先は「自己責任」の世界,先人の動きに倣って先へと進む。真っ青な空に雲は無く,空を映した海もまた青い。完璧な光線状態であった。釣り人に紛れて同業も数人居たように記憶している。三脚を立ててビデオも回し,万全の体制で撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20210404223827j:plain

岩館行の223D,ゆっくりと空を泳ぐ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210409220758j:plain

長閑な昼下がり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210404223833j:plain

雄大な景色の中で,2連のキハは小さな点景となる。。

 

f:id:anachro-fukurou:20210409220803j:plain

晩秋の一コマ,まるで映画のようなホワイトバランス。

 

f:id:anachro-fukurou:20210409220808j:plain

穏やかな秋の午後,心温まるワンシーンだった。

 

その22(小入川橋梁,絶景遠望)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ