梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

五能線キハ40,最後の秋(31):八森~東八森,小さな橋梁を渡る。

f:id:anachro-fukurou:20210421175149j:plain

小さな橋梁を渡る。 20.11.1 五能線 八森~東八森

 


2020年11月1日(日)。一昨日の出張調査後から続く,秋の五能線を追い求める撮影行も,今日が最終日である。あきた白神,岩館に停車中の列車を撮影し,222Dを東八森~沢目で迎え撃つ。その後は2527Dを小入川橋梁の陸側から撮影。

 

この2527Dは岩館で交換し,今度は520Dが南下してくる。2527Dの撮影後,残る同業を尻目に車へと戻り,一路南へ。八森~東八森の小さな橋梁の撮影地で待つ。主に農作業用と思しき細い道が,2回ほどヘアピンカーブを曲がって高度を上げてゆくのだが,その1つ目のカーブに小さな小屋と空きスペースがあるので,そこに車を置き,アングルを調整する。はじめは1段下の道で待ってしまっていたが,途中で気付き,慌てて上の道に上がる。2台を準備。望遠レンズで奥から顔を出した所を,そして広角で手前側を撮影する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210421175155j:plain

緩やかなS字カーブの奥から,2連の520Dが顔を出す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210421175201j:plain

しばし正対。

 

f:id:anachro-fukurou:20210421175149j:plain

そして橋梁を渡る。

これまた欲張りで焦りすぎたのか,想定よりも少し早く広角側の連写を止めてしまったのが悔やまれるが,及第点だろうか。

 

その32(陸奥沢辺,漁港で陽光に翻弄される)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ