梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

五能線キハ40,最後の秋(9):鳴沢駅発車,黄昏の寂寥感。

f:id:anachro-fukurou:20210323102326j:plain

黄昏に尾灯。 20.10.30 五能線 鳴沢駅

 


2020年10月30日(金)。鶴泊~板柳で朝練。午後は鳴沢~鰺ケ沢と驫木追良瀬で2828Dを迎えた。その折り返し・2835Dは,驫木駅発車のストレートと北金ヶ沢の陸橋で撮影。

▼日中撮影分はこちらから。

 

これにて本日の走行写真の撮影は終了。ぎりぎり間に合えば,ということで,ダメ元で鳴沢方面へと移動。当初は鳴沢駅の西側の踏切をターゲットにしていたのだが,時間に余裕が無かったので,まっすぐに鳴沢駅に向かった。駅前に車を停め,ホームへ。既に踏切の警報機が鳴っており,西を見遣ればヘッドライトがかなり近くまで迫って来ていた。慌ててカメラを構え,撮影。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323093304j:plain

日没15分前の薄暗い小駅。列車は短い停車時間をあっという間に終えた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323102330j:plain

エギゾーストを力強く噴き上げて,夕闇迫る鉄路へと踏み出す。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323102335j:plain

地方の小駅,屋根もない無人のプラットフォームに一人,列車を見送る。ごく限られた人間のみがする経験だろう。この独特の寂寥感は,特に夕刻に引き立つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323102340j:plain

ススキと私に見送られ,キハはゆっくり,ゆっくりと進んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210323102345j:plain

そっと,さよなら…。

かすかに漂うディーゼルの煤煙の香りから,つい先程まで居た「動物」の気配が感じられた。

たちまち,無人駅には静寂が訪れる。

  

下見の時間が殆ど無く,咄嗟の判断でホームの鰺ケ沢方で撮影していたのだが,反対側の越水方向を見ると,ホームの向こうは線路の両脇を背の高いススキに囲われており,後追いの構図としてなかなか優秀だった。この構図を決める為にはホームの越水側で撮影するほうが望ましいので,折角だからリベンジを果たそうと,翌日の計画が一つ定まったのだった。

 

その10(板柳駅,一日一回の交換風景)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ