梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

早春の飯能散策(3):2022年,旧花街の夕べ。

蕭寥。 2022.03.12 飯能

 


3月12日(土)。昼過ぎに出発して,埼玉県・飯能を散策。南裏通り,南銀座,柳町,飯能銀座,飯能大通り商店街を歩いてきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

大通り商店街から外れ,住宅街に切れ込んでゆく。

 

畑屋といううなぎ料理店。

 

この道はその名を取って「畑屋横丁」というらしい。

 

南裏通りを東へ進む。

 

Y字路を南に進むと,住宅街の中に突如としてスナックの看板が現れる。

 

初春の斜陽。

 

駅から離れたこの場所に,夜の店が点在している。かつて花街であったエリアの外縁あたりになるのだろうか。

 

名も無き交差点,お馴染みのデザインの街灯があった。

 

カーブミラーの夕刻。

 

蔵とスナックの並びはなかなか迫力がある。「美織」は開店準備中だった。

 

緑と海老茶。

 

西に進めば,お目当ての一角が見えてくる。

 

モナリザ。

 

街灯がニクい。

 

飯能を代表するY字路,といってよいだろう。角の店はかつて理容室だったようだが,数年前から飲食店となっている。

 

あまりにも鮮やかな夕べ。

 

花街の名残。

 

もう一つのY字路。

 

右手の路地。

 

2012年のストリートビューを見ると,左手前の更地の部分にも小料理店が建っていた。路地はもっと怪しげな雰囲気だったに違いない。

 

全景。

 

畑屋横丁を南下する。

 

奥むさし旅館。

 

想像していたよりも更地が多く,錯雑した印象は抱かなかった。

 

奥むさし旅館から東へ。

 

夕暮れだ。

 

巨大な邸宅。

 

モナリザのY字路の北へ移動し,料亭「八千代」のある街角に来た。

 

鑑札が見える。

 

こちらも料亭の「高島家」。

 

想像以上に日が早く傾いたのだが,ここまで何とか間に合った。

これにて「街」の散策は終了。残りの時間は,飯能河原で過ごすことにしよう。

 

その4へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ