梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

H鉱山(2):廃墟的色彩と,日没前の青灰色。

f:id:anachro-fukurou:20200429160602j:plain

(壁画のような開口。)

 

某日の夕方。某県の某鉱山跡の廃墟へ。

anachro-fukurou.hatenablog.com

藪を漕ぎ,遺構に到着。一日のスケジュールの関係で,既に日没が近い。この鉱山の遺構のうち,アクセス可能でフォトジェニックなものと言えば現在はここだけだと思われるので,ここで光線状態の限界まで粘った。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160544j:plain

不思議なリズム。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160622j:plain

独特で絶妙な色彩に染まっていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160638j:plain

ジャングルジム。反復による圧縮効果にはあまり期待できない被写体だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160655j:plain

朽ちゆく口。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160710j:plain

夕刻の青灰色に染まる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160729j:plain

真夏に来ると,おそらくはディテールも見えないし,接近するのも一苦労なのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200429160747j:plain

いよいよ日没。薄味ではあったが,非日常的な被写体に楽しませてもらった。

この後車で夜道を走り,某駅でレンタカーを返却。鉄道で無事に帰京したのだった。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ