梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

本庄散策(5):旧中山道,黄昏の街並み。

中澤醫院。 2022.04.09 本庄

 


4月9日(土),本庄市を散策。旧児玉町(現・本庄市児玉町)を歩いた後,本庄市街に戻り,煉瓦蔵やニシザワ写真館,本庄市銀座の路地,三交通りを歩き,夕刻の街を撮影している。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

目的地はここまでで概ね巡りきれたので,アディショナルタイムは街を自由に歩こう。

 

中央1丁目の裏通り。

 

旧中山道に出る。戸谷八商店から,ひたすら西へと歩くことにした。まるで夕空という誘蛾灯に引き寄せられるかのように…。

 

この色に恋い焦がれて。

 

中央~左は本庄仲町郵便局(1934,国登録)。2階が目張りされたような形で,往時の雰囲気は感じられなかった。

 

中央1丁目のT字路。

 

銀座通りを見る。

 

焼ける空を追う。

 

金正。

 

花正。

 

中央3丁目。

 

そろそろ日没を過ぎた頃だろうか。

 

街道沿いの街。

 

旧中沢医院。こんなに西に外れたところにあるとは思っていなかった。下調べにはあったものの,なかなか見つからず,正直なところ諦めていたところだったので,黄昏の邂逅がとても嬉しかった。

 

連なる。

 

ダスティイエロー。

 

宮本町の蔵。利活用され,オフィス等が入っているようだ。

 

宮本町商盛会。

 

いよいよ夜の帳が下りようとしている。

 

クスノキの大木の下へ。

 

金鑚神社(かなさな,と読む)。

 

ささやかな祈りを捧げ,駅へと戻る。

 

空は死灰に暮れてゆく。

 

ブルーモーメントの到来。素敵な建物を見つけるも,撮影の限界だった。

 

本庄商業銀行煉瓦倉庫。ライトアップされ,ぼんやりと浮かび上がっていた。

 

西銀座を抜けてゆく。

 

三交通りの黄昏。

 

白い街灯が浮かぶ。

 

輝くミッキー。

 

焼け残った西の空を振り返る。

 

一日の体力をきっちりと使い果たし,充足感と疲労感とともに,高崎線・快速ラビットで帰途に就いた。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ