梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

群馬県安中市・信越化学工業磯部工場の工場夜景を撮影。

f:id:anachro-fukurou:20210605115919j:plain

異世界感。 2017.02.24 信越化学工業磯部工場

 


2017年2月24日,研究室の所用で富岡へ。昼の市街地を散策した。

 

所用を終えると,2月の太陽はすっかり山の向こうに隠れてしまっていた。高崎に戻り,隣の研究室の後輩を連れ,信越本線磯部駅へと向かう。駅から10分ほど暗い夜道を歩き,信越化学工業・磯部工場のプラントが拝めるスポットを目指す。194号線が東にカーブしてゆくあたりで,山側に上がる脇道があるので,これを少しだけ登ると,北側の視界が開けた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115915j:plain

おぉ…嘆息を漏らしつつ三脚を構え,撮影開始。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115924j:plain

北関東という立地のせいか,比較的「無名」な工場夜景スポット。信越化学工業・磯部工場である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115929j:plain

既に19時。あまり時間がないので,望遠レンズに切り替えて,「解剖」を開始する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115933j:plain

ほんのりと緑がかったプラント,光は黄色系が多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115938j:plain

線の多さ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115944j:plain

手前側には,ドラム缶だらけの場所。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115950j:plain

このゴチャゴチャ感が堪らない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605115954j:plain

立体感。奥行感。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120004j:plain

もし10mほど視点を上げることが出来たら,さらに面白いのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120009j:plain

無名なのは画角が限られているからかと思っていたが,予想に反して構図の自由度は高い。プラントの立体的な配置が良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120015j:plain

縦横無尽。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120512j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210605120020j:plain

銀。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120024j:plain

漆黒の空に佇む蒸留塔。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120034j:plain

10mほど立ち位置を西に移動すると,手前側の藪が切れ,プラントの奥の方が良く見えて来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120039j:plain

撮ってくださいと言わんばかりに完成された,縦構図。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120029j:plain

そして,人の姿は見えない。非現実性を高めてくれる,要素の欠落である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120044j:plain

異世界感。保安灯が想像以上に明るかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120049j:plain

少し場所を移動して,数枚のみ撮影する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210605120053j:plain

これにてタイムアップ。磯部駅へと戻り,今宵の「前半戦」は終了である。 

 

東邦亜鉛安中精錬所の工場夜景へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ