梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

鎌倉・逗子散策(2):名越切通,野趣に富んだ道を歩く。

野趣に富む。 2022.07.09 名越切通

 


7月9日(土)。1ヶ月ぶりのTwitterオフ会は総勢3名で,横須賀線沿線の散策へ。まずは鎌倉駅東口から名越切通へ向かう道中,旧街道沿いの米店・酒屋にお邪魔し,住宅街を逍遥した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

横須賀線の踏切を超えると大町5丁目である。

 

板壁美し。

 

水路沿いの街。

 

木製電柱,この日は随所で出会う事になる。

 

侵食。

 

ここが名越切通の入口,急坂がお出迎えだ。

 

野生のリスがちょこまかと,ガードレールや屋根の上を走り回り,木の上で鳴いていた。

 

坂を上ると人家の姿が無くなり,眼下に横須賀線の架線が見えるのみとなる。

 

人が到達できない場所がすぐそばにある。想像よりも「限界」感があって良い。

 

列車の姿も殆ど見えず。

 

もう少し遊歩道チックなものを想像していたのだが,いきなり雑草に身体を擦られることになり,嬉しい誤算だ。

 

石仏が見守る。

 

まるでこの切通の守衛のような大木があった。

 

生命力。

 

その木の足元をすり抜けるように,階段が先へと続いてゆく。

 

鬱然。

 

植生はシダが中心。

 

極相林のような雰囲気。

 

かつては道が抜けていたらしいのだが,完全に失われている。

 

2本の針葉樹の間を抜ける。

 

雨の日など歩けたものではないだろう。

 

頂を越えると道幅が広がり,いくらか歩きやすくなった。

 

脇道に入ってみたが,建物の正体は分からず。切通しを完全に抜けた後,これが地主のものと思しき豪邸であることを遠望して知り,驚嘆したのだった。

 

それなりに標高差がある。

 

根の壁。

 

切通らしい景色。

ここから間もなく,逗子側の入口に到着。想像以上に野趣に富んだ,魅力的な道だった。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ