梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

戸倉上山田温泉,広大なスナック街を歩く(前編)。

f:id:anachro-fukurou:20200726155031j:plain

バブルの残滓。 2018.01.08 上山田温泉

 

2018年1月8日,長野旅行も最終日である。前日はしなの鉄道北しなの線の撮影で一日中歩き回り,戸倉温泉の亀屋本店で疲れを癒した。

翌朝はチェックアウトの後,散策。有名な(悪名高い)スナック街の様子を見てみよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154738j:plain

積雪は浅い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154743j:plain

手の込んだ美術店の装飾。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154751j:plain

基本的にすべて外国人スナックのようである。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154757j:plain

クラブに黒猫。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154804j:plain

看板猫なのか。行儀よく座っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154810j:plain

お友達も奥に。「何か用かね?」

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154817j:plain

お邪魔しました。スナックビルの佇まい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154825j:plain

冬の三連休だが,人は多くない。建物と街の規模は極めて大きいが,今は細々と経営している感じだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154832j:plain

ほろよい銀座が見えてきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154840j:plain

バブルの残滓。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726155025j:plain

タイル美し。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154849j:plain

しかし,スナックはここまでに一体何件あったのだろう?凄まじい数である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154905j:plain

細い路地は,複雑に折れ曲がっている。道という道すべてに店がへばりつく,「夜の街」である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154913j:plain

夜に酔客がふらつく,そんな時代も過去の物になりつつあるのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154920j:plain

射的,是非ともやりたかったのだが,残念ながら開店していなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154926j:plain

なかなかデコラティブで気に入った。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154932j:plain

出ました,黄色電球×紫色,レイカーズカラーのド派手看板である。素晴らしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200726154939j:plain

一体どのように店を選ぶのだろう…やはり夜になれば客引きが立つのだろうか。未知の世界である…。

 

あまりにも広大なので,前編はここまで。後編に続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ