梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

川崎工場夜景(2):水江運河,絵画のような夕景。

f:id:anachro-fukurou:20200316210934j:plain

(線の集合。2020.02.23 川崎・水江町)

 

東亜石油の望遠構図が楽しめるスポットから移動し,水江運河の定番スポットにやって来た。貨物専用線の軌条は撤去されており,比較的広いスペースで撮影を楽しめる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210926j:plain

まずは北側の日本精塩。前回は蔑ろにしてしまったのだが,これもかなり良い被写体だ。太陽光線の角度の低さが見て取れる。


f:id:anachro-fukurou:20200316211205j:plain

東亜石油のプラントの良いところを,黄味がかった青空を背に撮影。堪らない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210746j:plain

日没まで30分ほどだろうか。最高の色彩で,まるでCGのようだ。肉眼を疑い,プロダクトを疑いながら,実際に見えた色を極力正確に再現するように撮ってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211145j:plain

この色調から,春の近さを感じる。こういった機微を感じられるようになったのは,やはりファインダー越しに世界を見るようになったからだろう。デジタル一眼歴も気付けば丸10年だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211233j:plain

小さなフレアスタック。華奢なパイプが綺麗に光っている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211239j:plain

刻々と陽光が力を失っていっているのだが,それでもなおセクシーだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210904j:plain

紅白の煙突も,とんでもなく妖艶な色に染まっていた。

 

その3へ続く。)

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ