梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

川崎工場夜景(4):紺碧の空,産まれたての夜景。

f:id:anachro-fukurou:20200316210955j:plain

(紺碧の空。2020.02.23 川崎・水江町)

 

その3に引き続き,川崎・水江町,水江運河の定番スポットにて。夕景が終わり,ついに工場「夜景」が始まる。風が強く,長時間露光で微ブレが出ないように気を付けつつ撮影してゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211138j:plain

暮れなずむ灰色の空に,羽化してゆく夜景。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210828j:plain

徐々に強まる陰翳。夕景とは全く異なった妖艶さが出て来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210847j:plain

f:id:anachro-fukurou:20200316211102j:plain

1枚,また1枚,撮影するたび空は暗くなり,光は明るくなる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210940j:plain

そして,東亜石油の手前側も,一人前の夜景になった。ここで一度,運河のスポットから,夕景の初めに撮影した望遠構図のスポットへと移動する。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210834j:plain

アングルは限られるが,被写体のメカメカしさが感じられて楽しい場所だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210803j:plain

f:id:anachro-fukurou:20200316211027j:plain

解剖すると,立体感が出て良い。この手の望遠の切り取り構図は際限がない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210752j:plain

日没後1時間程度の「産まれたて」の夜景,空が紺色だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316211040j:plain

その紺を背に,暖色の灯りが差し色となって美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200316210816j:plain

画面右下の光源があまりにも強いため,構図左上にゴーストが出てしまったが,それも味という事にしておこう。
 

その5へ続く。)

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ