梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

木更津散策(2):富士見2丁目の飲食店街,色鮮やかな看板と路地。

f:id:anachro-fukurou:20220104114844j:plain

色の道。 2021.10.22 木更津

 


10月22日(金),君津市の出張の前に,1時間半ほど木更津を散策する。またもや生憎の雨に見舞われながら,富士見通りのアーケードとその与三郎通り,田面通り,寺町通り,木更津会館の周辺の街並みを歩いた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

鳥居崎通りと富士見通りの間,木更津会館の少し西側の街区が,今回の散策の最大の目的地である。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115147j:plain

緑に覆われた建物の傍らに,路地が伸びている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114840j:plain

駅から少し離れていて,何も知らなければ住宅街に見えるような場所に,この歓楽街は存在している。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115151j:plain

塀。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114848j:plain

少しずつ奥に進んでゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115155j:plain

旅館美好野の建物である。流石に廃業しているのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114853j:plain

この立地で旅館というと,少しばかり勘繰ってしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115200j:plain

美好野の横へ伸びる路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115204j:plain

友達。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114901j:plain

傘をさして路地に低くしゃがみ込んで,俺はいったい何をやっているのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115208j:plain

日当たりが悪いためか,東面には蔦は少なかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114857j:plain

目抜き通りに戻る。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115212j:plain

曇天なのに,色に満ちている。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115216j:plain

猥雑。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114905j:plain

町の造りは昭和だが,看板の雰囲気からすると,一部は現役のようである。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114909j:plain

ベゴニアの咲く路地で。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114914j:plain

明るさを謳った看板のある店の現代は,大概は明るくないのである…。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115220j:plain

桃色の壁。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114918j:plain

うぃんく。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114922j:plain

飲食店組合員章。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114927j:plain

人っ子一人居ない。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114932j:plain

君丁字。どういった意味だろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114936j:plain

サントリーチェーンバー 芸妓。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114940j:plain

ここにも「明るく楽しい店」の青い丸。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114944j:plain

路地の向こうは木更津会館。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115224j:plain

看板の落ちた建物。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115228j:plain

どこがどこだったが,見返していて軽く迷う。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115232j:plain

まるでラブホのような目隠し壁のある旧店舗。小料理屋か何かだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114948j:plain

最後の道へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114952j:plain

過激なギャルが待ってます!

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115236j:plain

紫バイオレット。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104114956j:plain

最後の最後まで,誰にも会わなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20220104115240j:plain

越路ビルは2021年に外壁を塗り直し,ピンクからチャコールグレーに姿を変えたようだ。最後に通って来たのが「お好み通り」である。これにて,富士見2丁目の魔窟的な飲食店街の散策を終えた。想像していたよりも空間の濃密さが感じられ,歩いていて面白かった。

さて,時間としては45分ほど経過,ここで折り返しである。引き続き見所を巡ってゆこう。

 

その3へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ