梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

岐阜・新栄町,花園町:青線「国際園」跡とその周辺を歩く。

f:id:anachro-fukurou:20211108004826j:plain

時代の証人。 2021.10.08 岐阜・国際園

 


10月8日(金),岐阜出張当日の朝。中問屋町を掠めた後,8時頃に金津園を散策した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

金津園を後にし,駅の北口側に戻る。この後は,嘗ての青線地帯・国際園とその周辺,新栄町・花園町を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004712j:plain

まずは新栄町へ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005015j:plain

街灯が印象的である。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005019j:plain

関東とは明らかに異なる空気感。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004716j:plain

特に下調べもせず,あてもなく彷徨う。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004720j:plain

一方通行の大通りを,一羽の烏が見下ろしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004724j:plain

装飾性の高い建物。青線時代の雰囲気か。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005023j:plain

街の中には長屋。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004728j:plain

まちまちの意匠。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004732j:plain

茶店か美容室か。中は廃墟と化していた。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005027j:plain

朝の静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004735j:plain

街角。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005031j:plain

日常風景。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004740j:plain

店舗。営業する気配は感じられない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004745j:plain

長屋の美しさは,面の連続性にある。ルールなんて,まずはそれだけでいい。造作も色もまちまちでいい。ただそこに面が揃っているだけで,街はこうも美しいのだ。線の多さと,面の連続性。これこそが,古い街並みや商店街に惹かれる記号的な理由だと思う。

逆に言えば,どれだけ個々の建築物が良く出来ていたとしても,面が揃わない街,線の少ない街は,自分には決して美しく感じられない。そういった(ある意味で冷めた)感覚を早々と持ち合わせていたためか,建築の設計課題には全く熱が入らなかったのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004749j:plain

国際園の中心部に切れ込んでゆく。3層の建物が2棟並んでいる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005035j:plain

豆タイル,石張りの腰壁,装飾的な柱を用いた玄関。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004753j:plain

朝陽を浴びて眩しそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004757j:plain

トタンも眩しそうである。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004802j:plain

これもまた,時代の証人か。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004810j:plain

少し時代は下りそうだが,3層だと雰囲気がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004814j:plain

再び,一方通行の大通りへ。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004818j:plain

緑に覆われる。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004806j:plain

こちらが,次なる国際園のメインスポットである。右手前にあったランドマーク「ミカド」は,残念ながらここ3年ほどの間に解体されたようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005038j:plain

肘掛欄干。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004822j:plain

妖艶。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004830j:plain

表情豊かなファサード

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004835j:plain

ミカド跡地の北の隣に。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108004839j:plain

隅切りのある3層物件。

 

f:id:anachro-fukurou:20211108005042j:plain

売防法施行まで僅か数年間という,浅い歴史を持つ花園町の国際園。2021年現在,花街の空気は殆ど感じられず,ひっそりとした寂れた住宅街,という印象だった。

 

日ノ本町・長住町散策へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ