梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

黒木散策(1):夏の旅情溢れる,懐旧の裏通り。

裏道のT字路にて。 2022.08.01 黒木

 


8月1日(月),長崎出張の前日。午前は朝倉市甘木,久留米を散策し,昼過ぎに八女福島へバスで移動。木造アーケード・土橋市場と土橋商店街を撮影した後は,重伝建の街並みを撮り歩いた。

▼八女福島散策はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

ここからは堀川バスにお世話になり,重伝建・黒木へと向かう。

 

バスを降りた。

 

味のあるバスターミナル,味のある待合室だ。

 

花に飾られ,教室のようだった。

 

飛び出しお嬢さん。

 

虫籠窓が並ぶ重厚な建物。

 

はきもの店。

 

黒木津江神社。

 

巨大な樟が境内の中央に立つ。

 

夏涼し。

 

茅の輪。

 

早くも良い色に染まりつつある。

 

一度西に進み,裏道を逍遥。

 

畳店。

 

大通りの南側に抜ける。

 

水路沿いの美しさ。

 

理想郷のようだ。

 

ミソハギの咲く夕刻。

 

細道を抜け,板壁の集落へ。

 

生命力。

 

T字路での邂逅。あまりにも美しい眺めだった。

 

ストリートビュー曰く左手前にはかなり古びた建物があったようなのだが,解体されていた。

 

次なる裏道へ。

 

この街を訪れるにあたって,夏の夕暮れを越える美しいシチュエーションが果たしてあるだろうか。一つ一つの美しい景色が記憶の奥深くに,あまりにも強く刻まれてゆく。

 

概念としての夏を見ているかのようだ。

 

森林組合の建物を遠望。

 

水路沿いに北上し,T字路へ。

ここから東へ進めば重伝建の街並みである。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ