梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

黒木散策(2):在郷町の重伝建には,夏の夕景が良く似合う。

18時台の陽光。 2022.08.01 黒木

 


8月1日(月),長崎出張の前日。午前は朝倉市甘木,久留米を散策し,昼過ぎに八女福島へ。木造アーケード・土橋市場と土橋商店街,重伝建の街並みを撮り歩いた後は,バス移動で黒木へとやって来た。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

現在のT字路から裏通りを東に進むと,重伝建の主たる街並みが姿を現す。

 

据え付けられたサインポール。

 

日は傾き,影は伸び。

 

腰壁に石を貼った家屋が現れた。

 

その向かいに…鏝絵かと思ったがどうやら違う。

 

個人の作品を飾っているようなのだが,なかなか味があり,撮ってしまった。

 

八女福島で見たのと同様,下屋が3方向に取り付いている。

 

ファミリープラザ。

 

板壁と水路に,錆びた看板。

 

道の反対側は煉瓦壁。

 

ミラーの中の夕暮れ。

 

いよいよ夕暮れだが,陽光はまだ強い。流石は九州の夏である。

 

特徴的な意匠の家屋,黒木を代表する建物の一つと言っても良いだろう。

 

人通りは無く,人の気配はあり,建物と街並みは立派だ。

 

やはり石張り。

 

参拝。

 

静かな目抜き通りを歩き終えた。

 

北上し,黒木警部交番入口の交差点から,国道442号線へと合流する。

 

装テンの影が伸びる。

 

旧松木家住宅。

 

褐色が美しい。

 

日没が近い。

 

これほどに色の濃い夕景は久々に見た。

 

街並みの東端に近付いてきた。

 

羽犬塚駅ゆきの堀川バスが通っていった。方向幕車か。

 

一番美しい時間に来た。

 

中心部は一通り巡ったので,ここで矢部川沿いに下りてみよう。

 

その3(終)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ