梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

化女沼レジャーランド公式見学会(3):緑に包まれたゴルフ練習場。

秋雨の静寂。 2022.09.24 化女沼

 


9月24日(日),化女沼レジャーランドの公式見学会へ。午前中はホテルを見学。昼休憩の後は,バンガロー,ゲートボール場を撮った。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

※註 筆者はあくまで見学会への参加を推奨しています(見学会については検索すれば出て来るので,ご自身でお調べ下さい)。断じて不法侵入行為には反対します。払えば見られるのだから,趣味に対してその程度の出費は惜しまないようにしましょう。

 

屋外ステージ。

季節が違い,藪が深いので,前回よりも随分と狭く感じた。

 

盤。

 

パイプ椅子に芽吹く小さな命。

 

ゲート。

ここはもう,正直いくらでも撮影できてしまうので,どこかで見切りをつけて出発しなければならない。

 

飛行機は藪の中。雨露に濡れているので,今回は切り込むのはやめておいた。

 

玄関口。

 

売店。

 

心無い大人が赤く塗ってしまったので,可哀想な顔に。

 

ゴルフ場の入口。

 

残留物はかなり減っていた。

 

錆と緑の階段を下る。

 

この狭さが良い。

 

久々にこの景色の前に立った。

あの日,冷たい風に強く揺らされていた緑のネットは,もう無くなっていた。

 

健在。

 

時の滞留。

 

今回は空間だけではなく,構成要素にも丁寧に目を向ける。

 

反復の美しさは此処にもある。

 

多くの扇風機は健在だったが,錆が進んでいたし,首の折れたものもあった。

風化は着実に進行している。

 

列柱。

 

ぶら下がる。

 

毀れた時。

 

小雨の雰囲気。

 

くの字に並ぶ。

 

下階へ。

階段の正面にあった長椅子は,空間の中央部でなぜか後ろ向きに反転させられていた。

こういう不可解な移動をするのは,どういった人物なのだろう。

 

銀の額縁。

 

せめて,どうか,このまま残っていてほしい。

 

失望の中の,確かな願い。

 

侵蝕。

 

緑の勢力が,確実に強さを増している。

 

呑み込まれた者もあった。

 

同化を始める。

 

この壁が妙に気に入った。この季節ならではの雰囲気か。

 

あるがままが一番なのに。それすら壊したくなる人の気持ちは,きっと生涯理解できないのだろう。

 

蝕まれし一角を発つ。

 

最後に上階へ。

 

秋雨。

冬晴れとはまた異なる静寂があった。

 

その4に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ