梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

丸美ストアー(1):世田谷区に残る昭和のアーケード商店街。

f:id:anachro-fukurou:20200705150945j:plain

暖色に染まる,昭和レトロ商店街。 2018.02 丸美ストアー
 

2018年2月某日。前年秋の博論提出を延期し,傷心気味の日々。1月上旬には思い切ってしなの鉄道撮影を主要素に据えて長野まで赴き,多少なりとも気分を持ち直した。この日は,何の変哲もない日曜日。荻窪からバスに揺られ,幼い頃に住んでいた高井戸の街の景色を車窓に眺めつつ,芦花公園駅北口で下車。バス停から歩いてすぐに着く,丸美ストアーへと向かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705151032j:plain

想像よりも簡単に見つかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150834j:plain

木造ではないが,鉄骨のアーケードが掛かる。空間は思ったより広かった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150841j:plain

途中で緩やかに右カーブしている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150828j:plain

向かって左側の2階建ての建物は,共通の設計のようである。仄暗い,美しい絵だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150848j:plain

真冬の太陽は,まだ昼前だというのに,黄色く暖かい色を齎してくれる。それにしてもこの屈曲部,絶妙に美しい角度だと思う。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150854j:plain

サッシは木なのだろうか?スチールではない,太めのプロポーションである。年代は良く分からないが,60年代末か70年代初頭か…といった所なのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150759j:plain

屈曲部の奥まで来て,振り返る。明かり取りの天窓から,橙色の光が落ちている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150804j:plain

昭和93年,冬。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150810j:plain

シャッター街ではあるのだが,床屋,肉屋,定食屋など,現役の店舗も点在しており,人通りは思ったより多い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150816j:plain

翳の世界。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150822j:plain

ロカ(芦花)スタンプは,現役なのだろうか。流石にもう無いか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150900j:plain

背面側の端には料理屋の姿。

 

f:id:anachro-fukurou:20200705150919j:plain

暖色の空間を,冬の風が吹き抜けてゆく。

 

その2へ続く。

 

 

▼アーケード商店街・関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ