梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

緑の廃校(2):職員室と,音楽室と,保健室と。

f:id:anachro-fukurou:20200805115555j:plain

闇と静寂。 

 

某年某県某所。「緑の廃校」と呼ぶことにしよう。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

 

理科室と放送室の次は,職員室へと向かう。 

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115505j:plain

ここも天井の傷みが激しい。机が邪魔をして中に入れないかと思ったが,何とか動いた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115517j:plain

崩落した天井が,コの字に残る机の上に散乱している。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115524j:plain

雪国ならでは。冬場はひどく冷え込んだに違いない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115530j:plain

ダスティブルーがラスティになるときの色彩は,いつ見ても堪らない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115536j:plain

この机の並びは,往時を偲ばせるものに違いない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115543j:plain

部屋の片隅には一枚の絵画。東郷青児か。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115549j:plain

廊下へ出る。湿った土と木の匂いが鼻を刺す。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115601j:plain

己の足音のみが,木造校舎に重く響く。

今まで見てきた廃校の中でも背の高い空間に思えるが,天井が抜けている所為かもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115607j:plain

誰も弾いてはくれない,小さな鍵盤楽器

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115613j:plain

音楽室。止まった時間,流れ続ける静寂。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115619j:plain

21世紀までレコードを使っていたのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115625j:plain

天井が悪くなっていない音楽室の一角が,廃校としての年月の浅さを教えてくれた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115631j:plain

一転,隣の保健室は,この状態であった…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115638j:plain

嘗ての寝台は,元来の色を失い,モス・グリーンに屈していた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115645j:plain

今では随分と難易度が上がってしまったようである。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115653j:plain

緑の絨毯が敷かれたような廊下。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115659j:plain

階段を上ると,制作物が残る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115705j:plain

廃校は必ず,階段室が堅牢で美しい。制作「夕鶴」は昭和61年の卒業生によるものだった。

さて,2階へと上ろう。 

 

その3へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ