梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

緑の廃校(4):閑寂の廊下を撮り尽くす。

f:id:anachro-fukurou:20200805115850j:plain

差し色。 

 

某年某県某所。この記事では「緑の廃校」と呼んでいる。1階と2階の空間を一通り見てきた。

▼その1はこちらから。

 

1階に戻り,最後に撮りそびれた絵を拾っていこう。 

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115814j:plain

廃校の魅力はやはり廊下。何処とも違って,何処も絵になる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115820j:plain

見慣れてなお,美しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115825j:plain

給食室の逆側の廊下に付属する体育館。新しい印象。がらん,としている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115833j:plain

廊下に戻る。望遠構図の美。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115838j:plain

まるでとりつかれたかのように,可能性のある複数の解を全てさらってゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115844j:plain

1階の廊下のみ,外壁側の窓のサッシが木材のままだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115856j:plain

可憐な,儚い差し色と。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115902j:plain

相変わらず,物音ひとつしない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115907j:plain

翳。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115925j:plain

褪せて久しいか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115931j:plain

さて,滞在時間も随分と長くなってきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805115938j:plain

理科室を見遣れば,また新たな陰翳。写真の「答え」が多すぎて,きりがなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120014j:plain

とうとう,惜別の時が来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120019j:plain

逞しく育て。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120025j:plain

緑の廃校よ,さらば。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120031j:plain

ありがとう◆◆小。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120039j:plain

屋根葺材の金属板が無くなっていた。このペースで崩落が進行するようであれば,次なる機会は,きっともう無いのだろう…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200805120047j:plain

愛らしいオブジェは,こちらに手を振っているのか,それとも校舎に向かって手を振っているのか…。一期一会に感謝し,小雨降る小学校跡を後にした。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ