梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

水上逍遥(4):閑寂の温泉街から水上駅へ歩く。

f:id:anachro-fukurou:20210504185255j:plain

やはり静寂。 2021.03.10 水上温泉

 


2021年3月10日(水)。中之条での現地実験の前日,公共交通が混雑しない昼前を狙って出発し,少しばかり群馬県内を散策することにした。上毛高原から関越交通に乗り換え,水上温泉の中心街から北に向かって逍遥。

 

ほぼ廃墟と化した集合住宅群を撮り終え,ここからは目抜き通りに戻ってゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504184935j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504184939j:plain

裏と表の間。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504184944j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504184948j:plain

土産物店。カーテンが降りている。

裏道を北上してきたので,ここからは表通りを南下し,未踏区間を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504184953j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504184959j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185005j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185010j:plain

キャッスル,キャッスル。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185015j:plainf:id:anachro-fukurou:20210504185025j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185020j:plain

豆タイルのある美容室跡。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185029j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185034j:plain

3階建が並ぶ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185040j:plain

往時の栄華。却って悲しさを引き立たせる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185239j:plain

人はいずこ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185244j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185249j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185300j:plain

寒々しい街だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185045j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185049j:plain

さて,郵便局前まで南下してきたので,北上開始。これで温泉街ともお別れである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185055j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185100j:plain

キャッスルの脇の建物,なかなか良い味を出している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185105j:plain

ここが(3)の路地の入口である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185110j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185116j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185232j:plain

退色。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185121j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185311j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185126j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185131j:plain

もう,特筆することなどは無い。とにかく,人の居ないことによる違和感が,視界に充満していた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185135j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185141j:plain

街角。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185145j:plain

現役温泉旅館の向かい。ここはどうなのだろう…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185150j:plain

解体中。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185155j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185200j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210504185206j:plain

自己責任で,お邪魔しました。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185211j:plain

利根川を渡る。この時点で,乗車予定の上越線の発車時刻を過ぎていたが,どうやら強風により渋川~沼田で運転を見合わせていたらしい。幸い運転再開しているようだ。暫くすると,上牧から水上に向かう列車が通過していった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185217j:plain

廃墟と現役と。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185315j:plain

対岸の廃墟と。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185223j:plain

赤茶色と水色と。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185320j:plain

さて,駅に戻る。分かってはいたが,意外と距離がある…。

 

f:id:anachro-fukurou:20210504185227j:plain

この道中は,旅館はおろか,建物も疎らだった。

水上駅前に到着する2分ほど前に,無情にも高崎行の列車の発車メロディーが聞こえてきた。211系は20分延発で,私の前をゆっくりと走り去っていった。

 

水上逍遥その5へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ