梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

三島散策(1):駅南口,一番町の歓楽街とアーケード。

片アーケード。 2022.06.25 三島

 


6月25日(土)。色々な探訪先を検討していたが,北関東は異常な猛暑が予想されていたので,静岡県三島市へと向かった。東伊豆町以来,わずか中3週間での静岡探訪になる。

根府川辺りの車窓から見えた,青い太平洋の白々しさに,何となく心が悪い方向に揺さぶられた。この「男友達の多い男友達」感が苦手なのだ。こちらが興味を持って近付いたところで,向こうはこっちに興味関心など抱いていない。その感覚すれ違いから,「自分の友達ではない」ように思うのだ。喩えてみれば太平洋は父性,日本海は母性の海と言えるだろう。

何となく憂鬱で,シャッターを切る事も無かった。

 

熱海以西に鈍行で向かうのはいつ以来だろうか。

三島駅に着き,南口を出る。駅前にはそれなりの人だかりがあった。

 

駅前から斜めに入る細道へ。

 

晴れたり曇ったり。

 

6月の空の色,橙の差し色。

 

ジュリエット。

 

色の過飽和こそ,歓楽街の必要十分条件だ。

 

小さなアーケードへ。

 

一足先に夏休みの雰囲気。

 

黄色の印象。

 

補色のサンシャイン。

 

直交アーケード。

 

今もなお現役。

 

全景。

 

芝町通りを再南下。

 

旅館。はて,現役なのだろうか…?

 

アーケード商店街に来た。

 

一番町。

 

「スクール服装」。

 

土曜日の下校時間。

 

片アーケードの寂寥。

 

鮮魚店は営業中。

 

食堂への入口。ここで食べておくべきだったのかもしれないが…この日も結局,昼食を食いっぱぐれることになった。

 

作業衣・雨具店。素敵な渋さだった。

 

米店。

 

その2に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ