梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

三島散策(3):ゑびす参道から三島二日町駅へ,看板建築を巡る。

ミカラム。 2022.06.25 三島

 


6月25日(土)。梅雨明けの一日は,静岡県三島市へ。まずは駅南口,一番町の小さな歓楽街とアーケード商店街を歩き,大宮町を抜けて三島大社へとやって来た。

anachro-fukurou.hatenablog.com

三島大社の正面から南に,ゑびす参道という道が伸びている。ここには何軒かの看板建築が並んでいる。

 

三島と言ったら鰻。

 

タバコ。

 

良い色。

 

健気な立体感の演出。

 

陶器店。強風に風鈴が狂喜乱舞し,ものものしい音を奏でていた。

 

「ミカラム」ことムラカミ,この界隈で最も目立つ銅板壁の看板建築。

 

中にはジン屋さんが入っている。

 

風鈴が増えていた。

 

その少し先には漆器店,こちらも銅板が印象的だ。

 

参道前の喧騒を外れ,静かな道をひたすら南下してゆく。

 

三島田町駅を超え,さらに南下。

 

豆腐店。

 

これを見に来た。

 

荒物問屋,倉屋本店。

 

ようやく陽射が出てきた。

 

こんは。

 

銅板建築の裏に掛かる川を渡る。

 

紫陽花の季節。

 

東本町を,気の向くままに歩く。

 

外は32℃。猫もくたばる。

 

じゃあな。

 

旧ガソリンスタンド。

 

三島二日町駅に到着。

 

やはりこういう半屋外空間が好きだ。構造的にはアーケードと同一である。

 

ホームのすぐ裏を水路が流れている。

 

三島行。

…を見送り,後から来る下り列車に乗り込んだ。

 

伊豆長岡散策に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ