梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

水戸散策(7):大工町の歓楽街,桃色の夕景。

f:id:anachro-fukurou:20210622003844j:plain

 桃色の夕べ。 2021.06.07 泉町仲通り

 


6月7日(月)。出張の前日,水戸市街を散策。駅北口から徒歩数分の「宮下銀座」のアーケード商店街,花街跡・旧奈良屋町を撮影した後は,同じく花街跡の旧大工町を散策している。

▼その1はこちらから。

 

50号線の北側に展開されている大工町の歓楽街を一通り歩いた。ちょうど日没を過ぎ,街にはブルーモーメントが到来しようとしている。今日の撮り納めとして,夕刻と夜の狭間の街を,ダイジェスト的に撮って回ろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003737j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003742j:plain

松の木通り。うなぎ屋「久保亭」の灯りが印象的だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003748j:plain

夕刻の空が一日の終わりを告げ,街明かりは一日の始まりを告げる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003541j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003546j:plain

停車車両が居なくなったので,松の木通りの南側を改めて撮影した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003754j:plain

すゞめビル飲食街の灯り。蛍光灯が点るだけで叙情的だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003759j:plain

旦那横丁を北から見る。南北に走る道に沿う建物は,両側とも陰になり,すっかり暗くなってきた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003551j:plain

ブルーモーメントに,6月の巻雲。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003557j:plain

定点観測したくなる構図だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003804j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003809j:plain

南側から望む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003602j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003608j:plain

蛍光灯の緑がかった灯りに,ワクワクする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003613j:plain

巨大スナックビル「DK BLDG」の看板は,歓楽街以外では見たこともないような紫色と緑色の光を発していた、

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003814j:plain

隅切部の美しいビルを遠望。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003819j:plain

焼肉屋のある一角。一巡目は店員と思しきおばちゃんが韓国語で立ち話をしていたので,二巡目で撮影完了。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003824j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003618j:plain

しみじみと,その美しさを噛み締める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003624j:plain

例のデコラティブ店舗は,4箇所のステンドグラスが光を放っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003829j:plain

旦那横丁に戻る、

ここで,背後の西の空を見て衝撃が走った。空に浮かんだ薄雲を,日没後の残照がとんでもなく鮮やかな桃色に染め上げていた。

咄嗟に頭を働かせ,この夕暮れの空を最も美しく街並みと絡められるのはどこかを考える。答えはすぐに導き出された。体力温存でホテルに戻ろうとしていたのに,気付けば泉町3丁目を東に向けて走っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003629j:plain

もちろん選んだのは,泉町仲通りだった。咄嗟にホワイトバランスを調整する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003834j:plain

東に向いて撮影しても,この色調だ。空が燃える時間は,ものの数分だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003634j:plain

想像していた通り,いや想像以上の美しさで,桃色の残照が街並みを染め上げていた。

 

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003839j:plain

東の端から西を向く。間に合った…!

  

f:id:anachro-fukurou:20210622003639j:plain

言葉を失うほど,鮮やかだった。

鮮やかな桃色の空というと,2010年の一人旅,余目駅のことを思い出さずには居られない。17時台の列車で新庄から陸羽西線を乗り潰したのだが,谷間いを縫うように走っていた列車が庄内平野に入ると,途端に視界が大きく開け,西の空が鈍い橙色を呈していた。余目に近づくまでに日没を過ぎ,夕焼けは色を失いかけたのだが,到着して跨線橋を上がった途端,残照に照らされた雲が目を疑うようなショッキングピンクに染まっていたのだった。誰も居ない跨線橋で一人,暫し呆然と見惚れた。あの日の空はあまりにも鮮烈で,忘れることができない。

当時の僕はまだ19歳だった。そして思い返せば,あの旅も6月だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003644j:plain

今日の夕空はあの日を想起させるような,「人生で二番目に鮮やかな桃色の空」だった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003850j:plain

程なくして空は色を失い始めた。仲通りを後にする。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003855j:plain

岩崎ビルのネオンは点らない。桃色の空を静かに眺め,その頬を紅く染めているようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003649j:plain

芸術館通りの一本南の道を西に歩く。妖艶に暮れなずむ空と,夜の街の看板,色の競演。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003900j:plain

6月は,不思議な夕空を拝める,チャンスの月なのかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003905j:plain

いよいよ空は力尽き,桃色は紺色に屈し始める。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003654j:plain

松の木通りを撮り納め。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003700j:plain

突如として宵闇が辺りを包む。BIG TRAPの文字がまさか光るとは,一巡目の撮影では思わなかった。

 

f:id:anachro-fukurou:20210622003704j:plain

f:id:anachro-fukurou:20210622003711j:plain

いよいよ,夜が始まる。

長い「アディショナルタイム」を終え,この日の探索を終了。コンビニで食事を調達し,ホテルに戻った。久々に外に長く居たので,たっぷりと睡眠をとり,翌朝の仕事に備えた。

 

その8(天王町・泉町,ソープ街と歓楽街の朝)へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ