梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

長崎散策(3):十人町の北側,階段の町を歩く。

長崎は坂の町。 2022.08.02 長崎

 


8月2日(火),長崎出張当日の朝。集合は昼過ぎなので,午前中は軽めに散策。日新ビル,岩永市場を巡った後は,館内町,十人町,中新町の階段を巡っている。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

十人町の南側と中新町の北側の一部を歩き,再び館内町に戻って来た。

 

空堀。

 

天后堂。

 

唐人屋敷通りの西側の裏道。

 

微かな異国情緒。

 

カステラ。

 

その1で紹介した旧銭湯に戻って来た。

 

晴れたので撮影しなおし。

 

石橋を渡る。暑すぎる…。

 

空堀を見る。

 

街角のドライクリーニング店。

 

北上し,十人町13の北側の道を西に入る。

 

緑。

 

右側は洋館の廃屋のようだったが,緑が深くて全容は拝めず。

 

暖色の多い道。

 

会う猫みな寛いだ様子。

 

振り返る。ああ夏模様。

 

川崎某所を思い出した。

 

煉瓦塀のある風景。

 

撮影順序からすると,一気に十人町13の南端に移動しているらしいのだが,間の記憶がない。暑くて朦朧としていたのか,3日目で集中力が切れていたのか。

 

元の洋館横へ。

 

煉瓦塀の丁字路を北へ進むと,これまた素敵な風景だった。

 

十人町8の南端の道へ。

 

完全睡眠。

良い曲がり具合。

 

盛夏である。

 

突き当たりは,その2で歩いた道。

 

北に抜ける。

 

突き当たりを西へ。先程引き返したところを,今度はそのまま上りきった。ちょうど真下を高速道路が走っているらしい。

 

十人町5,南端および北端にて。

 

ここから北に下りる階段が伸びる。

 

木陰の道。

工事業者の方が座って休憩中だったので,構図から外して撮影した。

 

十人町3は三角形,その両側に階段が伸びている凄い地形だ。

 

さらに下れば市街地。

 

下校してゆく。

 

昇降用の機械が取り付けられている。昔ニュースで見た記憶。

 

堂々とした雰囲気の階段だ。

 

ベンチで本でも読みたかった。この日にではなく,概念として,遠い日の記憶としてである。

 

長い長い下り道。

 

下り終えれば,オランダ通り。

栄えた市街地と階段の住宅街が隣り合わせの長崎,その雰囲気を垣間見ることができた。

 

その4に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ