梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

長崎散策(4):銅座町・船大工町,歓楽街の晴れた昼。

亜空間。 2022.08.02 長崎

 


8月2日(火),長崎出張当日の朝。集合は昼過ぎなので,午前中は軽めに散策。日新ビル,岩永市場を巡った後は,館内町,十人町,中新町の階段を巡ってきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

階段歩きで心地良い汗をかき,「平地」に戻って来た。

 

銅座町へ。2年前は薄暗い雨だったが,今日は眩しいほどの晴れ模様だ。

 

前回そこそこ網羅的に歩いていたつもりなのだが,見返してみるとかなり欠けているので,そこを補うルートで歩くことにした。

 

シバヤンシ横丁へ。

 

くすんだ壁が美しい。

 

突き当たる。

 

夏の昼の陰翳。

 

ヌ?

 

看板が腕を伸ばす。

 

色の多用。

 

夏の路地裏。

 

銅座町通り。

 

「そこ,涼しいかい?」「ふつー。」

 

小さな看板がこまごまと並ぶ。

 

白い看板が多い印象。

 

陽射の具合によっても見え方が変わる。

 

銅座市場を心に浮かべる。この辺りからは再訪の箇所が多い。

 

優雅に泳ぐ亀さん。

 

カーブ。

 

川の南は船大工町。

 

圧縮したい路地である。

 

目抜き通りの東側へ。

 

ここが最も色っぽくて好きである。

 

東端が建物に飲み込まれてゆくのが良い。

 

ぎゅっと,欲が詰まっている。

 

柳小路。

 

扉を連ねる。ここ本当に大好き。

 

柳小路を歩いて抜けようと思っていたのだが,何とこの空間を前回はスルーしていたのだ…驚くとともに,見落とした2年前の情けなくもなり,またTwitterでここの写真をアップされている方が居た事も同時に思い出し,それ以上に昼の光が美しくて,暫くは感情が混乱した。

 

日が翳るとともに落ち着いて,真剣に撮影する。

 

由紀。

 

ゴミ箱の路地。

 

ポリカ板の簡素な屋根,これが堪らない。

 

混沌。

 

LEGEND.

 

袋小路。

 

そこにある店の名が「ラストチャンス」はなかなか粋である。

 

全貌。

 

持ち出したのは,看板ではなく室外機。

 

あまり良い匂いではないし,お世辞にも衛生的な路地ではない。

 

それが良いんだけど。

 

夏。

 

夜は何処から声と灯りが漏れるのだろう。

 

最後に決めて,さようなら。また会う日まで…。

 

柳小路に抜ける横道。ここを見ずして船大工町を語れない…そんな路地,今回はきちんと出会えて良かった。

 

その5に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ