梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

長崎電気軌道(2):雨後の夕刻,桜町と浦上車庫にて。

f:id:anachro-fukurou:20210125153649j:plain

幾十年,続く景色。 2020.09.16 桜町電停

 


2020年9月16日(火)は,長崎出張当日。朝は長崎電気軌道を一番列車から撮影。その後は大浦天主堂グラバー園思案橋の街並み,崇福寺と巡ってきた。 

anachro-fukurou.hatenablog.com

午後の打合せが想像以上に早く終わったので,駅前のホテルに一度戻る。幸い午後になって雨は止んだが,依然として湿度は高い。荷物を整え,16時頃から長崎電気軌道の撮影を再開した。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153621j:plain

まず長崎駅前電停北側の陸橋へ。209号は終日運用に就いているようだ。ご苦労様である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153626j:plain

信号が青になり,車と競い合うように加速する。

さて,いきなり200形を理想的な形で仕留められたので,すぐに移動する。路面電車の撮影はフットワークの軽さが重要だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153630j:plain

3系統・桜町電停方面へと歩いて移動する。306号も終日運用のようだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153635j:plain

桜町電停付近にて。朝は撮影できなかった305号が,赤迫に向けて走り去って行った。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153640j:plain

公会堂前の交差点付近,市民会館電停へ。緑の山を背にして,ツートンカラーの303号がやって来る。4系統の黄色い方向幕も無事に撮影成功である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153645j:plain

ふたたび桜町電停に戻って来ると,213号が到着。雨は止んでいるが,しっとりとした質感が残る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105705j:plain

3系統の赤い方向幕が綺麗なアクセントとなる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153653j:plain

市営桜町駐車場の「トンネル」に飲み込まれてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153658j:plain

闇に消える。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153702j:plain

対岸で辛抱強く待っていると,今回の撮影の中では最古参の203号がやって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153706j:plain

車にかぶられることなく撮影成功できたのは嬉しい。

停車中に対岸へと渡り,乗車する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153714j:plain

運転台の中央部は,簡素だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105710j:plain

分割された窓は,内側から見ても良いデザインである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105716j:plain

「危難守護」。あまり聞き慣れない言葉である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153710j:plain

バスで慣れ親しんだ降車ボタンを見て,とても懐かしい気持ちになる。オレンジの吊革が白ければ,ますます幼少期にタイムスリップしたような感じがするのだろう。

浦上車庫電停に到着。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153720j:plain

下車するとちょうど,1系統の374号と離合。オリジナルの塗色が揃うと壮観だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153725j:plain

BOSS COFFEEの377号,色調だけ注目してみるとヨーロッパ風である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153729j:plain

日常の一コマ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153734j:plain

水戸岡デザインの310号と離合。このブルーも色としては綺麗なのだが,310形の魅力は半減してしまっているように感じる。存在感はあるし記憶にも残るので,デザインとしては成功しているのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153738j:plain

3系統でやって来た301号は「面縦」で仕留める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153743j:plain

尾灯の差し色。切り取り構図がサマになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125153748j:plain

1系統の209号と,挨拶を交わす。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105720j:plain

ひっきりなしに電車はやって来るが,オリジナルカラーの車両のみを目的にしていると,少し待ち時間が開いたりもする。そんな中,長崎銀行カラーの3両が揃い踏み。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105724j:plain

桜町電停で蛍茶屋行きを見送った213号が,ここまで帰って来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105729j:plain

17時を過ぎ,空が青灰色に変わりつつある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105733j:plain

浦上車庫電停は対面式ホーム。専用軌道内に存在しているので,車を気にすることなく撮影することができる。1系統の304号がやって来た。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105737j:plain

相棒。車両の方がはるかに年上なのは,何とも凄いことだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210125105741j:plain

最後は503号の入線を,横構図で仕留める。

これにて浦上車庫での撮影を終了。だいぶ空が暗くなってきたが,まだまだ撮影を続けよう。

長崎電気軌道その3へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ