梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

中野駅北口(1):ふれあいロード&昭和新道編。

f:id:anachro-fukurou:20210228160751j:plain

鮮やかな朝。 2021.02.23 中野駅北口

 


2021年2月23日(祝)。雑司が谷新井薬師前,沼袋に続き,今日も買い物と散歩がてら,中野駅北口の繁華街でスナップショットの撮影を試みる。

新井薬師前の記事はこちらから(全3回)。

中野ブロードウェイの東側に,南北方向に2本の道が走っている。まずは2本のうちの西側「ふれあいロード」に, 早稲田通り側からアプローチ。北側から悉皆的に,朝10時の街並みを撮影してゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160200j:plain

赤の一角。人々が駅へ向かって歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160208j:plain

さっそく一つ目の横道で左折する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160636j:plain

繁華街の朝。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160641j:plain

大きな隅切り部のある街角。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160647j:plain

南北方向に走る東側の道が「昭和新道」である。北,すなわち早稲田通り方向を見ると,陰影が強烈である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160216j:plain

緑の提灯が並ぶ。「酔んく」。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160653j:plain

そのまま東側に進むと,顔のような建物。タイル張りの渋い雰囲気が堪らない。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160658j:plain

そのままもう一つの十字路を超える。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160703j:plain

絵の出るカラオケ,LaserDisc。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160709j:plain

昭和新道の一つ東側の道を南下する。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160716j:plain

蔦の這う壁が,冬の朝日を浴びる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160221j:plain

次の十字路で右折し,昭和新道・ふれあいロード側を見る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160722j:plain

2月の青空の下。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160733j:plain

タラの丘の角で。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160226j:plain

赤の装テンが鮮やかである。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160727j:plain

ベスパ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160740j:plain

南側を見る。四つ角の全方位が絵になってしまう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160232j:plain

密集。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160746j:plain

二手に分かれる階段。 

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160237j:plain

昭和新道を南下する。濃密な路地空間を圧縮して撮る。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160242j:plain

表具内装の看板が,陽光を浴びて眩しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160248j:plain

青と緑の提灯の下を抜け,昭和新道の南端にて。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160300j:plain

三番街とふれあいロードの十字路から南を眺める。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160340j:plain

一度入ったことがある中華料理屋,その直上にはガールズバーの看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160334j:plain

夜の街の朝の顔。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160329j:plain

もはや何の店かも分からないような佇まい,1階は台湾料理店である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160318j:plain

幾度となく通っている道なのだが,こんなピンクの建物があることに気付いていなかった。ファインダーを覗くことを前提として街を歩くと,これまで認知できていなかったものの存在に改めて気付かされる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160324j:plain

直交する袋小路があったので,そこから「ピンクマンション」の上層階を拝む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160313j:plain

レンガ調の建物から感じられるのは,昭和末期~平成初期の空気。同世代として,不思議とシンパシーを感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210228160804j:plain

ふれあいロードを南に抜け切り,北を振り返る。歩きながらだと緩やかな坂になっている事に気付きにくいのだが,こうして圧縮効果を使うと勾配が見て取れるだろう。

 

その2へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ