梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大分・中津散策(前編):3つのアーケード商店街。

f:id:anachro-fukurou:20200924220855j:plain

廃アーケード。 2020.08.21 大分県中津市

 

8月21日は朝から別府市街で近代建築を巡り,竹瓦小路に寄り,その後は「夜の街」の朝の様子を撮影してきた。中津に向けて一度は出発したが,道中で木造アーケードを奇跡的に発見。車を停め,ネットに殆ど情報のない標準市場の跡を撮影した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,別府ICから高速道路で宇佐ICまで,その先は国道10号・国道213号で中津市街へと入った。到着して,建築を1箇所見学してから,出張調査である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220756j:plain

薦(こも)神社神門が見えてくる。すさまじい逆光,直視するのも難しいほどだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220741j:plain

宇佐神宮との関係も深く,宇佐神宮の「祖宮」という(この単語で検索しても薦神社しか出て来ないのだが…)。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220746j:plain

神門は江戸初期の建築,国指定重要文化財である。この先暫く,お世話になります。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220751j:plain

唐破風の裳階があり,極めて特徴的な表情である。

奥に見える社殿は江戸後期の建築だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220800j:plain

境内には半ば打ち棄てられてしまったような太鼓橋があって,妙に印象的だった。

さて,出張調査が早めに終わった。折角下調べをしたので,苅田の夜景までの間,中津市街をうろうろしよう。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220649j:plain

駅北口から西に向けて,日の出町商店街がある。早速ここを歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220805j:plain

入ってすぐに,ホルモンセンター。 肉も魚も野菜も,専門店で買える街は良い。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220654j:plain

ずらりアーケード,壮観である。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220658j:plain

何十年と愛されてきた商店街。コロナ禍ではあるが,今なお店の多くには活気や生気が感じられる。中津市にどういった産業があるのか分からないが,人口減や高齢化が進んでいるという訳ではなさそうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220703j:plain

この「表通り」である日の出町商店街,横道に入ると突然,空気が変わる。大阪感…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220707j:plain

夜の店と東横イン

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220712j:plain

アーケードが架かると「化粧」されてしまうので,整然として見えるのだが,裏に回ればこの感じ。この方が見ていて落ち着くかもしれない。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220717j:plain

かなり西に進んで,アーケード商店街から途中で右に折れると,年季の入った飲み屋街が広がる。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220722j:plain

このあたり,夜はどのような感じなのだろうか。人の気配は十分にあったが,営業しているのかどうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220727j:plain

「モウーちゃん食堂」は閉業しているようだが。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220731j:plain

T字路で左折してアーケード側に戻る。質とたばこの看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220810j:plain

これが日の出町商店街の終点である。ざっと300m弱の長大なアーケードだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220815j:plain

さらに西に歩くと,今度は新博多町商店街のアーケードが南北方向に走っている。下調べの際,解体されるかもしれないという噂のようなものを目にしたので,探訪する際も不安だったのだが,2020年8月,しっかり残存していた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220736j:plain

150mほど続くアーケード。看板といい天井といい,非常に装飾的で,これからも使われてゆきそうな気配があった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220820j:plain

しかし店舗の活きの良さは,日の出町商店街には劣り,高齢化,店舗自体の高齢化,代謝の悪さを感じた。 

アーケードを抜け,県道108号線を渡り,さらに北に歩いてゆく。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220825j:plain

魔窟のようなビルがおもむろに姿を現す。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220829j:plain

フェアトレードカフェの奥には,公的なものではないアーケードが。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220835j:plain

ほぼ「家」であるが,嘗ては店舗があった気配だ。異様な静けさに包まれている。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220839j:plain

突き当たりで左を見る。ほぼ全ての建物が,廃墟の様相だ。下調べではもう少し人の気配があるような印象だったのだが,この数年で廃墟化が進行してしまったらしい。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220845j:plain

朽ちるディテール。内部も荒れているようだった。

 

f:id:anachro-fukurou:20200924220850j:plain

ここが行き止まりの,袋小路。平面はT字だった。店の往時の姿は,想像する術も無かった。

中津市街,駅の北側には,スナック街が展開されているのだ。もうしばらく散策を続けよう。

中津散策・後編へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ