梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大牟田散策(2):宮原坑~万田坑,三池炭鉱専用鉄道の遺構と沿線風景。

逍遥 2022.07.31 宮原坑

 


7月31日(日),長崎出張の前々日。陸路で大牟田に入り,レンタサイクルで早鐘眼鏡橋,三池炭鉱宮原坑を見学した。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

工事中ということもあり,見所・撮り所は限られていたが,何だか長居してしまった。

宮原坑を後にして,レンタサイクルで万田坑へと向かう。

 

まずは宮原町1丁目,馬込町の住宅街を逍遥。

 

板壁の家も多く残る。

 

格好良い方杖。

 

緑に呑まれつつある。

 

奥の家屋にも茅葺屋根の名残が見える。

 

S字カーブの魔力。

 

その奥の魅力。

 

袋小路だった。

 

水路脇。

 

廃屋。

 

煉瓦壁とコンクリートブロック壁。

 

細道を抜けて,馬込町2丁目で専用鉄道の馬込架道橋を潜る。

 

7月の枯草。

 

街中に潜む産業遺産。

 

水路脇を進み,南下。

 

諏訪川橋梁。

 

上部のネットが少し目立ってしまっていて残念だった。

 

諏訪川を渡り,沖田公園の横を抜ける。

 

名も無き煉瓦の隧道。法面は石。

 

溝越架道橋。交通量は多い。

ここから南下すれば,程なくして万田坑である。

 

万田坑ステーションに自転車を置き受付を済ませる。増圧ポンプ所の脇を通る。

 

沈殿池の向こうに。

 

煙突跡。

 

煉瓦壁。

 

さて,万田坑に到着。

 

その3に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ