梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大阪・アーケード散策(5):城東中央商店会の鄙びた色彩。

COLORS. 2022.04.27 蒲生

 


4月27日(水)。2年半ぶりの大阪出張が入ったので,仕事前にアーケード商店街を巡っている。放出みゆき通り商店街,放出栄町南通商店街,南鴫野商店街,城東商店街を歩いてきた。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

城東商店街から東に分岐するアーケードがある。

 

城東中央商店会である。

 

先程まで歩いていた城東商店街から,急に数段階,時間軸を遡ったような感じがする。

 

何といってもこの赤と黄色の屋根が印象的である。

 

サンドラッグすら,全蓋の中に装テンを設置している。

 

建物との比から,ピカチュウがいかに巨大であるかを想像してみてほしい。

 

夢を売る店。

 

赤と黄色の帯は,交互に色が逆になっている。

 

どの店も開店準備の終盤。9時を回り,営業を開始したようだ。

 

デハラストアー。

 

ダスティグリーンも商店街には欠かせない色彩である。

 

東端には「城東中央商店街」の文字。ホームページには「商店会」とあるので,記事ではそちらを採用している。

 

全貌。

 

アーケードの外にも商店街は続いている。

 

印房。

 

今福商店会の文字が見えている。

 

再び中へ。

 

看板と照明のリズム。

 

縦長の看板が整然と並ぶ様が美しい。

 

日常。

 

デハラストアーは,開店直後にも関わらず,なかなか繁盛していた。

 

パース的構図。

 

おもちゃ,育児用品。

 

ゴミ箱のある路地。

 

昭和から現在に繋がる,確かな時間軸を見ることが出来た。城東商店街・城東中央商店会,どちらも大変気に入った。

 

その6(関目商店街)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ