梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大阪・アーケード散策(8):京阪トップ商店街,恍惚が止まらない。

万国旗と看板。 2022.04.27 萱島

 


4月27日(水)。2年半ぶりの大阪出張が入ったので,仕事前にアーケード商店街を巡っている。放出みゆき通り商店街,放出栄町南通商店街,南鴫野商店街,城東商店街・城東中央商店街,関目商店街を歩き,「西の横綱」京阪トップ商店街にやってきた。

▼前編はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

Y字路の交差点付近からの続きである。

 

ここから,左の道へ。

 

カーブ美し。

 

美味三屋。

 

手書きの愛おしさ。

 

このドサクサした架構が堪らない。

 

洋品雑貨とベビー用品。

 

錯雑。

 

次なる区画にも万国旗が並ぶ。

 

おしゃれの店。

 

妙に色鮮やかだ。

 

こちらの区画の方が,万国旗がまっすぐ並んでいる印象だ。

 

万国旗にスウェーデンとパナマが多いのは何故なのだろう。

 

菓舗。

 

伊藤ハム。

 

一つ目の区画より,道幅がやや狭いのかもしれない。

 

定休日ゆえ,営業している店舗はないが,生活動線になっているようで,老人が時折歩いてゆく。特に撮影者を気に留めることもなく,日常は紡がれている。石ころぼうしを被ったような状態が実に心地良い。

 

空間として完成されている…。何も考えられず,ただ恍惚としてシャッターを切っていた。

 

エバーライト・イエロー。

 

シャッターの色の影響か,この辺りの方がやや新しく見える。

 

勿論,「比較的」という意味である。

 

川崎・小向マーケットの万国旗も撤去された今,ここは国内最後の牙城といっても過言ではないだろう。

 

戦後の雰囲気を今に伝える貴重な遺構である。

 

錆びた屋根。

 

御座居ます再び。

 

入口付近は直射日光の影響か,万国旗の色が非常に褪せていた。

 

地玉子。

 

室内空間は至って快適であるが,外観は満身創痍である。

 

中毒症状を抑えきれなくなっていた。

残るもう1本の道は,次の記事にて紹介しよう。

 

その9(萱島銀座商店街)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ