梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大阪・アーケード散策(9):萱島銀座商店街(+萱島中央商店街)。

シャッター・ストリート。 2022.04.27 萱島

 


4月27日(水)。2年半ぶりの大阪出張が入ったので,仕事前にアーケード商店街を巡っている。放出みゆき通り商店街,放出栄町南通商店街,南鴫野商店街,城東商店街・城東中央商店街,関目商店街を歩き,「西の横綱」京阪トップ商店街へ。万国旗の残るアーケードでしばし安寧の時を過ごした。

▼京阪トップ商店街(前編)はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

Y字路の交差点付近に戻り,残る道へと歩いてゆく。

 

アーケード屋根はあるが,片側が更地になっているので明るい。

 

UFOチックな照明がぼんやり浮かぶ。

 

勉強屋ゴム靴。

 

アサヒ靴にアキレス靴。

 

幼い頃,蛍光オレンジと蛍光グリーンに憧れた記憶がある。BB弾もこの2色があったし(買ったことは無くすべて拾っていた),何かのイベントで使い捨てのサイリウムでオレンジを貰ってとても心が躍り,普段は嫌いな夜が少し楽しかったりもした。黄緑色の蛍光塗料の付いた時計の針や目盛りも好きだった。こういった童心をいくつ忘れているのだろう。そしてこの先,いくつ思い出すことができるだろう。

 

水色のシャッターゾーンを抜けると,薄暗い一角が待っている。

 

Beer World.

 

質感。

 

またもや枝道。

 

薄暗いゾーンを抜け,表通りに出た。

 

 

嘗てはアーケードの入口の上の大きな看板に「萱島銀座商店街」と書かれていたのだが,現在は撤去され,その名は街灯の脇のプレートのみに残る。

 

側面はラスが剥き出しになっていた。

そろそろ時間なので,萱島駅に戻る。折角なので少し遠回りして,萱島中央商店街を経由することにした。

珍しく道を間違えたので,慌てて修正。

 

大阪らしさ。

 

萱島一番街。このまままっすぐ歩いてみても面白かったようだ…残念。

 

オールイン。

 

90度曲がる外階段が主流。

 

萱島中央商店街,街灯と看板が並ぶ。

 

人の往来はかなりある。

 

道幅は狭め。

 

ふらっと入りたいなあ…。

 

東京だと西武線の沿線に雰囲気が似ている気がした。

 

シンプルなアーチを抜け,駅に戻った。

その10(元町銀座街)に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ