梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

北九州・木造アーケード(10):貞元市場,3号線沿いの静寂。

f:id:anachro-fukurou:20201129122013j:plain

昭和すぎる昭和。 2020.08.22 貞元市場

 

8月22日。時間の許す限り北九州市の木造アーケードを巡る一日である。ここまで,到津市場,筑豊商店街,枝光中央商店街,前田中央市場・堀川市場を撮影してきた。

anachro-fukurou.hatenablog.com

続いては,八幡西区の貞元市場にやって来た。県内随一の大通り,国道3号線に面しているのだが,街路樹に隠され,車からその姿を拝むのは難しい。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129123241j:plain

まずは裏側から見る。素晴らしきトタニズム建築である。これが本当に市場なのか…。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122133j:plain

正面側に回ると,大きな口が開いていて,私を吸い込もうとしている。グリコ牛乳の看板を圧倒する,「貞元市場」の堂々たる看板。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122129j:plain

看板の背景にあたる部分のトタンが,また良い味を出している。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122024j:plain

いざ中へお邪魔すると,想像以上の大空間が展開されていた。凄い…ひたすら凄い。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129121939j:plain

2棟の間隔はとても広い。奥行き方向は長くないのだが,幅があるので,迫力がある。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129121943j:plain

時間軸に取り残されたもの。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129121948j:plain

縦構図でも横構図でも,空間が広いのでサマになる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129121952j:plain

「サジ商店」。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129121956j:plain

「色を失った 懐旧の世界」。ムックの「モノクロの景色」の歌詞を思い浮かべる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122000j:plain

3号線を走る車の音が聞こえてくるのだが,市場の中に居ると,不思議に遮蔽されたような感じがする。車の流れが途絶えると,突如として独特の静寂が訪れる。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122004j:plain

つぎはぎだらけの芸術。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122009j:plain

数年前まで営業していた店舗もあったようなのだが,その姿ですら思い浮かべることができない。

 

f:id:anachro-fukurou:20201129122018j:plain

もはやこの間口は,建築の空間のオーダーである。これだけ幅広の木造アーケードは初めて見たかもしれない。そのスケールゆえに,広角の構図も絵になる。なかなか中毒性のある被写体だ。

その11(貞元市場・その2)へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ