梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

佐原散策(3):銭湯「柳湯」と,名も無き路地の夕べ。

春の暮れ。 2022.04.28 佐原

 


4月28日(木)。鹿嶋出張の後,鹿島線の上り列車を待つ間,鹿島神宮駅の付近を散策した。

anachro-fukurou.hatenablog.com

田植えの季節の夕刻の車窓を楽しみながら,佐原駅に到着した。

このブログに目を通して下さっている方はひょっとするとお気付きかもしれないが,佐原を訪れるのはたったの半年ぶりである(それゆえに記事が(3)から始まっている)。前回は早朝にざっと街を巡ったのだが,実はその時,一つの路地を歩き損ねていたことに後から気が付いていたのだった。また小野川沿いの重伝建の街並みも,7年半前に歩いたのみ,前回は歩くことができていなかった。今回は夕刻の探訪,これらの「課題」を解決すべく,街を歩くことにした。

 

駅前。早朝とは印象ががらっと変わる。

 

ひたすら東へ歩く。

 

大きな口を開けたソシアルビル,その横の街灯と病院建築。

 

煙草屋の灯りが目立ち始めている。もう夕暮れ時だ。

 

この先に柳湯という銭湯があるらしい。これも前回の散策の際には気付いていなかった。

 

新緑に呑まれた建物の脇の未舗装道を歩く。

 

あった…。

こんな激渋銭湯があったとは!知っていたら支度してきたのに。

 

関東的ではない眺めに,しばし感動していた。

 

錆びた夕暮れ。

 

柳湯の一本東からが,今日の最初の目的地である。結果として二番目になったが。

 

路地のろじ。

 

理容室。

 

角を曲がると旅館の看板。

 

この路地を歩きに来た。

 

正面入口はもう開かないのだろう。

 

赤い印象。

 

窓のようで,窓はない。

 

静かな余生。

 

おっかあ。

 

焼肉会館,なかなか強烈な名前だ。

 

現役の店舗に,廃業した店が少し混ざっていて,美しいバランスが保たれていた。

 

その4に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ