梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

佐原散策(6):日没後,忠敬通りと路地を歩く。

黄昏ポスト。 2022.04.28 佐原

 


4月28日(木)。鹿嶋出張の後,鹿島神宮駅付近を散策した後,佐原に移動。昨秋に歩きそびれた路地を訪れた。

▼2022年探訪・その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

いよいよ日没,ここからはアディショナルタイム。忠敬橋付近から,忠敬通りを東へ進むことにした。

 

ほんのりと赤みを帯びる時間。

 

中村屋乾物店(県指定)。黒漆喰仕上げで北向きに建つ建物は,なかなか撮影者泣かせである。日の長い季節の早朝が望ましいのだろう。

 

旧川崎銀行佐原支店(県指定,1914)。外装工事が終わっおり,全貌を拝むことができた。

 

裏通りの大きな下見板。

 

褐色のコレクション。

 

ブロック塀も魅力的だった。

 

忠敬通りの夕べ。

 

素顔屋。

 

蜷川家具店。

 

看板建築,名称は不明だった。

 

このまま忠敬通りを暫く東へ歩いてみた。JRバスのこの塗色,シンプルで好きである。ミニカーを持ってたなあ…と,童心に帰ったのだった。

 

道端の名優。

 

方林堂。

 

蜷川家具店まで戻って来ると,いよいよ夜の帳が下りようとしていた。

 

とんかつ店,入ればよかったかな…この夜も結局コンビニパンを食したのであった。

 

しずかな水辺。

 

蔵の街の黄昏。

 

旧千葉銀行佐原支店。

 

この建築,とても好きなのだが,前回も今回も車が居て残念であった…仕方がない。

 

路地へ。

 

未舗装の路地に響く足音。

 

この先は行き止まりだった。

 

横川岸商店街。

 

閉業していると思っていた提灯店の灯りが点っていて驚いた。

 

焼肉会館。

 

ろじ。

 

柳湯の夜。

コンビニを経由して駅に戻った。佐原から帰京しようと思うと絶妙に遠いので,あまり夜遅くまでのんびりと過ごせないのが残念であった。終電まではまだ時間があったのだが,なかなかそこまで粘ろうという気にもなれず…気力体力,どちらも保ち続けていたいものである。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ