梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

長崎・思案橋逍遥(1):裏と裏が向かい合う路地。

f:id:anachro-fukurou:20210206155854j:plain
裏通り。 2020.09.16 思案橋

 

2020年9月16日(水)は,長崎出張初日。昼からの打合せまで時間があるので,早朝から長崎電気軌道を撮影。その後,市内の近代建築群を巡り,グラバー園を堪能。

anachro-fukurou.hatenablog.com

依然として雨の降りしきる一日。西浜町まで電気軌道で移動し,ここからは思案橋の街を歩く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155756j:plain

随一の飲食店街,大通りから中へと切れ込んでゆこう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155815j:plain

いきなりメインディッシュ,思案橋横丁と大通りの間に走る,店と店が背中合わせになった裏路地である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155553j:plain

店の人間以外に用の無い路地。雨が強く傘を打つ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155820j:plain

店と店が背中合わせになったことで形成された空間。無機質なのに有機的で,心地よい揺らぎがある。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155825j:plain

路地のヒーロー,二輪車

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155558j:plain

大通り側への分岐を右手に見つつ,路地は更に奥へと続く。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155604j:plain

宙に浮く上階と室外機。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155830j:plain

2層は路地に少しずつ競り出している。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155608j:plain

駐車禁止の強烈な主張…少し狂気を感じる。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155834j:plain

薄い建物を隔てて大通りが走っているので,車の音は大きい。それなのに視界には動くものが無い。何とも不思議な感覚だ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155839j:plain

ダクトが入り組む。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155844j:plain

路地と階段,最高である。細長い動線というのはどうしてこうも魅力的なのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155849j:plain

裏の顔。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155859j:plain

ここに自動販売機があって,果たして誰が買うのだろうか…。そしてここに飲料を補充に来るのも大変そうだ。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155612j:plain

この空間を抜ければ,裏路地の終点である。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155617j:plain

嘗てこちらが「表」として機能していた時代も,恐らくはあったのだろう。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155903j:plain

圧縮した構図,壮観なり。

 

f:id:anachro-fukurou:20210206155908j:plain

洗濯機やガスボンベの並ぶ,生活感。最後に振り返り,路地にさようなら。

 

この後は,周辺に展開されるスナック街を歩いてみよう。

思案橋逍遥その2へ続く。

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ