梟の島

梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

大津・長等3丁目,柴屋町遊郭跡のスナック街。

f:id:anachro-fukurou:20200321213956j:plain

(夢の跡。2020.03 長等3丁目)

 

大津駅から徒歩10分弱。長等(ながら)3丁目は東西に長い街区である。この一帯,現在はひっそりとした住宅街となっているが,嘗ては「柴屋町遊郭」として名高く賑やかな場所であったという。

まずは,売春防止法施行に伴いスナック街となった一画を散策。往時の姿の印象は薄れつつある。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213911j:plain

くしの歯のように入り組んだ路地たちを散策する。この道は「抜けられません」。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213917j:plain

やや不自然に曲げられた路地。この向こうは「抜けられます」。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213925j:plain

降りしきる雨の音のみが響く,閑寂の路地。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213921j:plain

嘗ての煌びやかな街は,記憶の彼方へと消え去ろうとしていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213944j:plain

人は住んでいるのだろうか。気配のある家と無い家,どちらもあったように感じた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213953j:plain

夜に点る看板はあるのだろうか。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213948j:plain

「下馬場町」。この,傘を畳まなければ通れないような路地を抜けると,長等3丁目の西端の道に出る。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213938j:plain

道ですらない道。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321213929j:plain

そしてここに出る,という訳だ。凄まじいな…。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321214001j:plain

嘗ての目抜き通りと思われる,長等3丁目の中央を南北に走る道から,今度は東側に伸びる路地へと入る。元妓楼が,幾十年の月日を経てなお建ち並ぶ様は,見応えがあった。この角の建物で犬に吠えられ,心臓が飛び出るほど驚いたのだったが。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321214005j:plain

1枚上の写真から左に曲がり,突き当たりを再び左に曲がると,途端に生活感の溢れる一画が現れる。先人の記事を読むところによると,この一角は「飯場」となっており,妓楼建築を転用しているのだとか。昼食の美味そうな匂いが不思議に漂っていた。

 

f:id:anachro-fukurou:20200321232112j:plain

そそくさと飯場の前を通り抜けて,嘗ての屋号のような看板が遺る路地を通れば,目抜き通りに戻る。

散策をされる方への大ヒントとして挙げるならば,googleマップよりも地理院地図を参考にされると路地の作りが分かり易いかと思う。先人も多く写真を残しているので,下準備の上で現地探索に臨まれるとよいだろう。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ