梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

栃木市散策(5):寺内万年筆病院,旧岡安歯科医院ほか。

3層の並び。 2022.03.20 栃木市

 


3月20日(日)。小山駅前,大平下駅付近を散策した後,栃木県栃木市へ。巴波川周辺に残る市内の近代建築を巡りつつ,街を散策している。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,午前中に撮るべき(すなわち東側にファサードを向けた)建築は一通り見て回れたので,そぞろ歩きをしながら昼の時間を過ごそう。

 

旭町から北,ふたたび万町へ。

 

ふくや食堂とその隣。さすが栃木,石の蔵がごろごろある。

 

街道沿いの建物の背面。

 

蔵の店が並ぶ。

 

軍艦島のX階段を彷彿させる。

 

昼。

 

街道を西に渡り,再び「サイドチェンジ」。

寺内万年筆病院。正確には「萬年筆」だが,いやしかし素敵な名前である。赤いフォルクスワーゲン(ルポ)が随分と目立ってしまった。

 

旧岡安歯科医院(1931)。

 

門柱も丸い。

 

塗装も直され,個人宅として現在も大切に使われている。

 

巴波川の西岸を歩く。

 

斉藤婦人科の裏面が見えた。2階の扉は後補だろうか。

 

本当に,何食わぬ顔して石蔵がある。

 

倭橋の横にある松本理容室。

 

さて,数分かけて一気に南下。街の入口まで戻って来た。

 

わざわざ長い距離を歩いた目的は,昼食処であった。朝のうちに目を付けておいた「ときた」に入店。ネットで見ると「ニューときた」と呼ばれるらしい。

 

トンカツ定食,とても美味。店内も渋くて素敵だった。

 

小休憩の後,散策を再開。片岡写真館。旧栃木警察署をモデルにした建築は,平成13年の竣工だとか。

 

午後の光が眩しかった。

 

巴波川の鯉幟も,朝より鮮やかに見えた。

 

県道75号線沿いの商店街はたいへん立派なのだが,11号線との交差点の信号が常に渋滞していて車が切れず,撮影は困難を極めた。

 

巴波川の1本東側の道に,静かに息衝く長老たち。

 

その6へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ