梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

栃木市散策(7):嘉右衛門町伝建地区とその周辺。

理髪館。 2022.03.20 栃木市

 


3月20日(日)。小山駅前,大平下駅付近を散策した後,栃木県栃木市へ。市内の近代建築を巡りつつ,街を散策している。

▼その1はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,そろそろ北上しよう。

 

先程から店蔵があまりにも多いので,見慣れてしまった。

 

銀巴里。

 

ユー・アンド・アイ。

 

鄙び不動産。

 

シャッターが良い味を出している。

 

正午前に見た舘野家住宅まで戻って来た。

 

側面をよく観察してみると,雷紋があった。

 

栃木県内唯一の重伝建,嘉右衛門町へ。

 

並ぶ蔵は,岡田記念館のもののようだ。

 

重伝建として整備されているのだが,びっくりするほど人が居ない。日曜日の,観光ピークタイムのような時間だというのに,巴波川から此処まで足を運ぶ人は居ないのだろうか。

 

岡田記念館の洋館。

 

重伝建をひたすら北へ歩いてみよう。

 

釣具店。

 

かなりの距離を歩いたが,そこまで筆者のセンサーに反応する被写体は存在していなかった。

 

君はとても素敵だった。

 

たばこカウンターの降伏。

 

優しく蝕まれよう。

 

1本東の道へ。

 

ヤマサ味噌。現地では気付かなかったが,中央の建物は妻面で縦に切られてしまっていて,非常に痛ましい。

 

その近くの路地,というか生活空間に,少しだけお邪魔させていただいた。

 

かつて病院だったのだろうか。2階の斜交格子がおどろおどろしい。

 

中心街と比べても明らかに静かで,少し草臥れた雰囲気だった。

 

その8へ続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ