梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

富山地鉄駅舎巡歴(10):経田駅に惚れる。

理想的な駅舎。 2022.09.10 経田駅

 


9月10日(土),富山地鉄駅舎巡歴の旅。午前は長屋駅と舌山以東の駅舎を巡り,午後は東三日市,電鉄黒部,電鉄石田と巡ってきた。

▼東三日市駅はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

電鉄石田を発ち,隣の経田駅へ移動。あいにく空はすっかり曇ってしまった。

 

経田駅。

 

看板が残念であるが…そっけない文字を貼るくらいなら,昔風に作ったものを寄贈したいと思った。

 

ちょうど下り列車がやって来たので,ホームへお出迎え。

 

駅舎から見送った。

 

改めて,駅舎内。渋くて素敵だ。

 

木の質感が美しい。よく見ると背凭れが絶妙にカーブしている。座布団の色味も良い。

 

突出部も気になる空間。

 

「入院・給食・冷暖房設備あり」が売りになった時代。

それはそう遠くない時代のこと。

 

看板はだいたい病院関係。

 

何となく,曇りか雨の,しっとりとした雰囲気の似合う駅だと思った。

 

理想的な空間だ。

 

何枚も撮ってしまう…。

 

青色。

 

ホームへ。

 

きょうでん。

 

滞留する時間と,刻まれる時間,その併存。

 

木柵は機能を失って久しいのだろう。

 

瓦葺というのが素敵だ。

 

ホームのベンチは建物と一体になっている。

 

青い架構。

 

駅舎遠望。

 

ローマ字表記を後から書き直したらしい。

 

上り列車を待つ人が何人かやって来た。

 

やはりここが魅力的に見える。

 

こちらの鉄柵も,人の往来を感じなくなって久しいのだろう。

 

16時すぎ,上り列車がやって来た。

 

レッドアローを眺める。

 

最後に外観。

良いと分かって訪れたが,やはり百聞は一見に如かず,こんなに素敵だったとは。大満足で,すっかり惚れ込んでしまった。

 

その11に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ