梟の島 -叙情的叙景詩-

-叙情的叙景詩-

富山地鉄駅舎巡歴(22):稚子塚駅・寺田駅,夕刻へ。

色濃い夕刻。 2022.09.11 寺田駅

 


9月11日(日),富山地鉄駅舎巡歴の旅の2日目。午前は立山線の駅を巡り,昼食の後,午後は上滝線の上堀駅,布市駅,開発駅を訪れた。

▼上堀・布市駅はこちらから。

anachro-fukurou.hatenablog.com

さて,ここで上滝線から立山線に転戦。その道中,田園地帯で走行写真を撮ろうと試みる。危うく道を間違えたが,何とか帳尻を合わせられるところまで車を走らせることができた。

 

14760が来た。幸運であった。

 

晩夏なり。

 

稲刈りの終わったばかりの田圃を横目に,北へと走り去っていった。

 

 

続いて,稚子塚駅へ。

 

1面1線の簡素な駅。

待合室のベンチも小さい。

 

気付けば陽はかなり傾き,光が黄色く色付いてきた。

 

夏模様。

 

 

続いて寺田駅。本線と立山線の分岐駅である。

 

外観は改修されているが,建物は明らかに昔のままである。

 

ドライミルク。

 

冬晴れ,見てみたいな…。

 

駅は広い。奥が本線,手前が立山線のホームである。

 

竹馬の友。

 

3番ホーム,立山線の上りホームである。

 

絶妙なカーブ。

 

木製電柱が支える。

 

片流れの美しさ。少し勾配がきつめである。

 

片流れ,カーブ。

 

黄金色の時。

 

綺麗な水色。

 

順光を浴びる。

 

あでやかな夕刻になってきた。

 

昭和の看板が残る。

 

3番ホーム。

 

本線と立山線の間にも,また別なる建造物がある。

 

こちらは現在使っていないのだろうか。

 

本線のホームへと移動しよう。

 

その23に続く。

 

 

▼関連記事はこちらから。

 

▼ 宜しければクリックのご協力をお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ